ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

「せっかち」と言われる人、本当に「せっかち」ですか?「急き勝ち」ですか?

スポンサーリンク

「せっかち・セッカチ」という言葉がある


( 名 ・形動 )
〔「せきかち(急き勝ち)」の転か〕
落ち着きがなく、先へ先へと急ぐ・こと(さま)。また、そのような性質の人。性急。


これははっきりと僕の事だ。自覚がある。


落ち着きはない。じっと立ってられない。

じっとして何をしてろというのだ?どこを見つめればいいのだ?

最初はyotubeになるために始めたブログ。

今ではブログも3つ、ツイッターにインスタグラムにフェイスブック

一番したかったyoutubeを置いておいて先へ先へと色んな事を進めていそいでいる。

そのような性質の男ですよ。僕は。


さてこの「急ぎ勝ち」とはどういう意味か?

字の通り、「急いだもの勝ち」という意味だろうか?


今の時代新しい職業、新しい仕事内容色々ある。

成功している人は大体この「急いだもの勝ち」なのではないだろうか?

新しい案件に急いで飛び入り、一人勝ちする。これが「急ぎ勝ち」という事に合う。


急がなければ勝てない。勝てても大勝ちではない。


今成功している人たちは「急ぎ勝ち」

 

だからといって、「急ぎ勝ち」だからと言って「せっかち」なのだろうか?


僕は「せっかち」だが、何一つ勝っていない。


「急いでいる」訳でもない。


だから僕は「せっかち」ではないのだ。


ではなんだ?

 

僕は異常に「待つ事」が嫌いだ。


自営でお客さん商売。常にお客さんを待っている。


待つことが仕事という感じ。


仕事で散々待っているのに、プライベートではもう待ちたくない。


こどもに「待って」なんて言われて多少は待てるが、10秒も待ちたくない。

 

今世間で言われている「せっかち」とは「待つ事」が嫌な人ではないだろうか?


なにか率先して物事をする。でもそれは人のためじゃなくて、

自分の「待つ事」が嫌だから、動かないとイライラするから動く。


でもそれは決して「急いで勝っている」という事ではなく、

「急がないと負けてしまう」という意識が強いのではないだろうか?


僕は自分がそんな感じがする。勝たなくていい。負けなければいい。

 

だからちょっとこの「せっかち」という言葉を考えて使おうと思う。

少なからず、「せっかち」と言われても僕ははっきりと言える。

 

「せっかち」ではない!勝ってないから。

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。