「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

人はなぜ朝活をするのか?それは特別な時間に活動をする優越感から

スポンサーリンク

朝活をしている。

もう10年近くしている。

今では日課のようになっており、

朝活をしているという感覚ではないが、

ツイッターなどで朝活のハッシュタグを見ると

改めて自分が朝している事は朝活なのだなと思う。

 

今回のテーマ

 


なぜ朝活をするのか?

 


朝活をする理由、

それは

朝時間があるから。

 

朝時間があって、活動をすれば朝活だと思う。

朝時間がなくて、活動ができなければ朝活ではない。


朝起きて、日常の仕事をするまでの時間が朝活タイムとなるのか。


仕事にも色々ある。

会社勤めの人もいれば専業主婦の人も。


朝活とは考えると色々ややこしい。


会社勤めの人が朝早めに起きて掃除をする、これは朝活かもしれないが、

専業主婦の人が朝早めに起きて掃除をする。これはただ、仕事を早く始めただけになるのか?

 

そもそも朝活とはなんなのか?


色々見ていくと、

例えば、


朝いつもより10分程早く出社して今日の仕事の段取りを組む。


コレも朝活になる。


朝活タイムに仕事をするのも朝活と言うらしい。


そう思うと先ほど言った専業主婦の人の早く起きて掃除というのも

朝活になる訳だ。


こうなると朝活タイムにする内容は何でいいという事になる。


朝活タイムにゲームなどをする人もいる。


少し早く起きてゲームのレベル上げをする人とか


遊びも朝活に入るのだ。


ジョギングや筋トレも朝活に入るし、

たまったビデオを見るのも朝活。


なんでもいい。朝活タイムには何しても朝活になる。


要するに


朝早く起きるなりして、自分の好きな事をする時間を作る

これが朝活の醍醐味なのだ。


では、なぜ夜じゃなくて、朝なのか?


では、朝活でやったことを夜にやったと考える。

 

夜に掃除、明日の仕事の段取りを組む、ゲームをする、ジョギングや筋トレ


夜に仕事をすると「残業感」が出てしまうし、

夜にゲームするのは結構当たり前というか、

ジョギングや筋トレも大体の人が夜している。


一日働いて、そのあと好きな事をするというのは

一般的に当たり前の事なのかもしれない。

みんなそうしている。


でも朝活はそうではない。


別にやらなくてもいい時間帯に早く起きて

時間を作る。


この時間にはすごく「特別感」がある。


朝活とは特別な時間にする事


朝早く起きなければこの「特別な時間」は手に入らない。


夜は寝るまで自分の時間。それは当たり前だから、「特別」ではない。


「特別な時間に好きな事をしてるんです!」

という優越感もある。


この時間は当たり前じゃなく、早く起きた者だけ手に入る時間。


勝者の時間とでもいえるだろうか?

 

勝負には勝たなければならない。

 

朝活をツイッターに挙げる人はどこか勝ち誇ったようにも感じる。

気分は最高!ということだ

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。