「ミニマリストのなりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがミニマリスト、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

頭の整理、行動の整理、物の整理、ミニマリストに近づく簡単な発想。

スポンサーリンク

ミニマリストとは

「必要最低限なモノで生活する人」

ミニマリストも少し多様化してきていて、

色んな考えやスタイルのミニマリストがいる。

まさにミニマリスト戦国時代

どのミニマリストがどんな人たちから共感が得れるか

部屋が空っぽのミニマリストを目指すという人もいれば

部屋が空っぽのミニマリストにはなりたくないという人もいる


どちらを目指すにしても、とりあえずモノを減らす事から始まる。

 


今回のテーマ

 

なぜ物を減らすのか?

 


ミニマリストになりたいからモノを減らす。

この目的だと、ミニマリストがゴールになる。

僕はミニマリストになることがゴールだとは思ってない。

ミニマリストはあくまで生活スタイル。

なぜ、ミニマリストになりたいのか?が大事だ。

ひょっとしたら、ミニマリストになって、何かに気付くかもしれない。

それでもいいと思うが、

何も理想を抱かず、ミニマリストになるには

ハードルが高いのではないだろうか?

 

一番いいのは「結果、ミニマリストになってました」

というのが良いと思う。

なぜ、物を減らすのか、減らしてどうしたいのか?

そこから考えて行けば、今物を減らしてる人も

手放すモノの判断も少し変わってくるかもしれない。

スムーズにミニマリストに近づけるかもしれない。

 

僕の場合は頭の中の整理、考えの整理をするにあたり、

余計な考えたくないため、まずは行動を整理した。

行動を整理すると、モノも整理できる。


例えば、もうパスタは食べない。

だからフォークは要らない。


ヒゲは永久脱毛したから

もう髭剃りは要らない。


など。


実際、うちにはフォークも髭剃りもあるが、

あくまで例だ

 

捨てる事に頭がいっぱいになってはいけない。

「何捨てよう、何捨てよう」

と考えること自体を捨てなければ


ミニマルな生活から遠ざかって行く。


「これは要らないな」「これは必要ないな」

という発見を積み重ねて、物を減らしていかないとダメなのだ。

捨てる事を中心に活動をしていくと、ミニマルな生活どころか

快適な生活すら遠ざかって行く。

 

頭の整理から、行動の整理、それから物の整理、


このようにザックリ言葉にしてしまうと難しく聞こえてしまう。


もっと簡単に考えよう。


ズボラだ。ズボラになればいい。


冬にコタツに入る。

寒いからコタツから出たくない。

だからコタツに入る前に色んな物をコタツの近くに持ってくる。

みかん、リモコン、お茶飲みたいからポット
本を読みたいなら本を持って来たり、


これだ。


快適な生活をするために考えて、物を選別していく。

このコタツで過ごす時間に必要なモノはこれだけなのだ。

他には何もいらない。


今はコタツだけの時間だが、

このコタツ、お風呂、食事、などのカテゴリーごとに

モノを選んでいく、このモノが必要なモノで、

選ばれなかったものが必要ないモノなのだ。

 

こう考えれば難しくない。


モノの整理の前に


頭の中の整理をすれば


簡単にミニマリストになれるというわけ。

 


とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。