「ミニマリストのなりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがミニマリスト、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

タトゥーを入れている人に偏見を持つのは古い?でもぬぐいきれない「イメージ」

スポンサーリンク

今日はタトゥーの話をしたいと思う。

ミニマリスト志望だからなんで体に余計なタトゥーを入れるのか?

なんて話ではなく、タトゥーと言う存在とうまく付き合う考えを整理したい。


ここのブログは整理するブログ。

 

まずは、なぜ人はタトゥーを入れるのか?

 

古くは罪人に入れる刺青などがあるが、今はそんな人いない。

宗教観という人もいるが、日本人では少ないであろう。

ファッション感覚、これでいれる人が大半ではないだろうか。

ケジメ、意思を固める為。こういう人もいると思う。


後は何かあるだろうか。

 

色々タトゥーを入れる理由があるだろうが、今回は主にファション感覚での話。


海外サッカーなど見ているとタトゥーを入れている人が多い。


きっと海外では日本みたいにタトゥーという物に偏見が少ないのであろう。


だから今問題になっているのが銭湯に入れないと言う話

 

タトゥーを入れた外国人たちが銭湯に入れない。

これに伴って、日本でのタトゥーに感じる偏見をなくしたほうがいい、

海外と日本のタトゥーによる偏見の差を無くしたほうがいい。

という感じだろうか?このような話になっている。


実際タトゥーOKのを売りにする銭湯も出てきたみたいだ。

 

さて、タトゥーと上手く付き合っていくために色々考えてみる。

 

なぜ、日本はタトゥーに偏見があるか。


それは昔も今も、「タトゥーを入れている人は怖い人」


という、「イメージ」がついているからだ。


「イメージ」


見た目お風呂何日も入ってなさそうで、髪もボサボサ、フケだらけの人は


臭そう、という「イメージ」があるが、必ずそうではない。


偏見は「イメージ」が原因だと思う。この「イメージ」が難題なのだ。

 

「イメージ」というのはなかなか変わらない。


事実、タトゥーを入れているいい人たたくさんいる。

むしろほとんどがいい人なのだろう。


だが、とある犯罪を犯した人が、タトゥーを入れていた。

そうなると、「あ、やっぱりタトゥーを入れてる人か」

「イメージ通りだ」となる。


何も犯罪だけじゃない。生活マナーが悪い人がタトゥーを入れていると

これも「あ、やっぱり」となるわけだ。


犬の散歩と変わらない。マナーの悪い人が目立つのだ。


そう思うと「タトゥー」を入れる人は「タトゥーを愛好している人」だと思う。

好きで入れていると思う。だからタトゥーを入れている人は入れている人なりの


マナーを守ることが大事だと思う。


タトゥーを入れている人一人一人が「悪いイメージ」を持たれないようにすることが

日本のタトゥーの偏見を少なくする近道となるだろう。


これができない人はタトゥーを見せない服装をした方がいいのかもしれない。


とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。