なりそこないのブログ

整理することで解決することがあるかも?ミニマリストのなりそこないです

同居人にミニマルな生活を指示するのは自分が完ぺきなミニマリストになってから。じゃないと論破される。

スポンサーリンク

ミニマリスト目線でブログを書いています。

どちらかと言えば、ミニマリスト寄りの話をしています。

が、それだとやはり、ミニマリスト以外の人から嫌われる。

ミニマリスト、どうも煙たがられがちです。

どんな場所で煙たがられるのか?それは

家庭。

 

今回のテーマ

 

家庭でミニマリストが気を付ける事。

 


今回は同居者がミニマリストではないケースの話。

僕はそもそもミニマリストは人と住んではいけないと思ってます。

一人暮らしでの生活ではないと、理想のミニマルの生活は

ほぼ無理だと思言っています。


「そんなことないよ」

「同居人が普通の人でもミニマル生活できてますよ」

と平気で言える人は人の心を解ってない人だと思ってます。

きっとそういう人は同居人が心広き人。

いいよいいよと色んな事を目を瞑っている。

まず、その気持ちを忘れてはいけない。

モノがある生活に嫌悪感がる人もいれば、

モノがない生活に嫌悪感を抱く人もいる。


たとえば、ミニマリスト同士住んでいても、

それぞれの価値観が違えば持ち物の変わる。

女性のメイク道具は男性には無意味なモノだし、

男性にとって髭剃りはこれまた無意味なモノ。


ミニマリストは一人で住むべきものなのだ。

 

と言ってしまってはまるでミニマリストが悪者のよう。


僕もミニマリストだが、多少は煙たがられてはいるが

それなりに家族と住んでいる。

 

僕がミニマル生活を始める初期の話。

生活を変えようと思い、

最初の方が生活を変えるペースが速い。

それはそうだ。

最初は普通の人。持ち物もたくさんある。

そんな人が何かを機にモノを減らし始める。

まぁ捨てるものは山のようになる。

ゴミ袋何個捨てました!何てやってるのが

快感になってくる。

その快感、快楽を感じたまま、部屋を見渡すと

今度は自分の物じゃないモノに目が行く。

コレ、いらないんじゃない?

そういって同居人の物を捨てたくなるのは

初期ミニマリストあるあるではないだろうか


この状態の人はダイエットで例えると

痩せるんだ!走るんだ!と言って

いきなり何十キロと走って一週間でやめるタイプだと思っている。

ゴールに向かってハイになっている状態。

この状態のままでは長続きしない。

ミニマリストもダイエットと同じでリバウンドする。

モノを減らした反動で、モノが増えるという事もある。


話はそれたが、同居人の物に口を出し始める、

物だけに限らず、行動、言動、思考にすらケチをつけていく。

それをやってはやはり煙たがられるのは仕方ないし、

家庭内であってもミニマリストを名乗ってしまっては

ミニマリストの評判は下がる。

「うちの旦那、ミニマリストでね~困ってるよの」

なんて話になってはミニマリストもイメージ商売だ。困る。

 

ミニマリストが同居人に口を出すというのをやめろと

そうはっきりは言えない。

ただ、同居人にケチを付ける前にする事が一つある。


それは

 

まず。自分が本当にミニマリストになれているのか?


なんちゃってミニマリストが曖昧な行動をして、

それを同居人に共有させる。


同居人は思っているだろう。

自分はまだ物いっぱい持ってるのに、人の物までケチつけて、

と。

まずは、自分が完ぺきなミニマリストになればいいのだ。


完璧なミニマリストとはなんだろう?


ミニマリストを名乗っている人には

理想のミニマリストなる人が一人や二人いる。


そのミニマリスト達を見てほしい。


部屋が空っぽで何にもない人でも

まだ。もっとミニマルな生活ができるのではないだろうか?

試行錯誤していないだろうか?


どのミニマリストも自分の生活に満足していない。

ある意味ミニマリストのストイックさはすごい。

もっともっと、もっと快適な生活と

調べ、考え、実行する。

その行動力があるのもミニマリスト。


同居人に口を出す前に。

自分は完璧なのか?

捨てるものはもうないのか?


僕はTODOリストを作成して、

捨てるもの、整理する物、快適な生活をするために行動する事

これらをリストアップしている。

かなりの項目だ。

自分の事でかなりの量になる。


このTODOリストがゼロになるまでは

同居人には口を出さないと決めている。

todoリスト。やる事が無くなった時点で

完璧なミニマリストになった。そう思っている。

 

いい加減な知識で同居人にケチを付けると

論破される場合もある。

そもそもなんで不必要なモノを捨てないとダメなの?

なんて言われてズバ!っとそれについて答えられるか?


最初も言ったが、譲り合わなければミニマリストは人とは住めない。

相手の持ち物を譲れないというのは自分の心に隙間がないのだ。

物を捨てる前に、心の整理、頭の中の整理が必要なのだ。

同居人に意見をするのはそれからだ。

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。