ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

生きていく上でどれくらいの備蓄をするのが正解か?僕の備蓄シュミレーションはこれだ。

スポンサーリンク

このブログを書いたのは2019年10月12日。

台風19号が今にも関東に上陸するかどうか?

という段階で書いている。

台風が来る前日はスーパーに非常食を買いに行く人たちであふれた。

どれくらいの量の非常食を買うのかは人それぞれだ。

あなたはどれくらいの食糧を買っただろう?


今回のテーマ

 

生きていく上で必要なカロリー

 

非常食を買う時に何を基準にして買うか?

たとえば3日間の非常食を買うとすると、

一日三食、毎回お腹いっぱい食べれるほどの食糧を備蓄するだろうか?

これをしてしまうとかなりの量になってしまう。

家族が多ければその人数分増える。

いったい非常食はどれくらい買うのが最適なのだろうか?


今回の台風でテレビなどでは「非常食の目安」なども放送していた。

あくまで目安だ。

僕が見た限り非常の多いなというのが印象。

これもまた僕の印象などで見る人が見たら

少ないと思う人もいるだろう。

ちなみに水は一日3リットル用意するというのが目安だった。


台風と少し話が逸れるが、

もし日本に核ミサイルが飛んできた場合、

放射能が薄れるまで1

4日かかるとかいう話もある(詳しくはネットで調べてほしい)

そうなると14日分の非常食が必要になる。

備蓄部屋みたいなのが無いととてもじゃないけど備えられない。

人は何を目安に備蓄しているのだろうか?


一日三食お腹いっぱい食べる程の非常食なのか、

3日をひもじい思いをしてでも「生きれる」ほどの

非常食なのかで全然量が変わってくる。

一日に水とカロリーメイト1箱、

これを3日続けると死ぬだろうか?

3食おなかいっぱいの非常食とカロリーメイト一箱の差は大きい。


生きていく上で必要なエネルギーってあると思う。

もちろんエネルギーだけじゃなく、栄養などもある。

たとえばだ。

先ほど言ったカロリーメイトなど

栄養補給食みたいなのを食べれば、

同じ分量のおにぎりを食べるのとどれくらい変わるのだろうか?

栄養補給食は日持ちするが、おにぎりは日持ちしない。


保管期間も考えなければならない。

できるだけ日持ちするものが非常食として使われる。

あとは調理がいるとかいらないとか。

これらの条件をまとめていくと

「これだ!」という非常食があるのではないだろうか?

これは人や家庭によって発想が変わってくると思うが

思いつくものがあると思う。


ココから自分が今まとめた条件で

なにを非常食とするのかシュミレーションしてみる。

あくまで僕のシュミレーションだマネはしないでもらいたい。

あくまで参考だ。

僕の非常食をみて「これはダメだ!」と思ってもらっていい。


まず水が必要だ。

一日に2ℓの飲み水を用意する。

2ℓのペットボトルだ。

あとは食糧だ。一日三食用意する。

まずはカロリーメイト一箱、つぎにチップスター、

あと一食は板チョコだ。

これで水分と三食用意できた。

どうだろう?

一人分の一日の非常食だが、多いだろうか?少ないだろうか?


2ℓのペットボトル。カロリーメイト一箱。

チップスター。板チョコ一枚。

誰もがみんな想像できる大きさのものだ。

一日の非常食としてこれだけ用意する。

これを家族分用意する。

そして日数分用意する。

どれくらいの量になるか想像してもらえるだろうか?

わずかな非常食でもかなりの量になる。


結局、非常食って「完璧には備えられない」という事だ。

ミニマリストは備えなど用意してないから大変だろう?

と言う人はどれくらい完璧に備蓄をしているのか?

家が災害にあった時のために保険など完璧に入っているだろうか?

備えに完璧はない。

他人の事より自分の事だ。


とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。