「ミニマリストのなりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがミニマリスト、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

ミニマリストも趣味はある。どんな趣味か考えてみよう。

スポンサーリンク

趣味がある人生と趣味がない人生だと

絶対に趣味がある人生の方が楽しいし、

充実してる。

趣味というのは難しいもので、

探してみようと思って探せるものではない。

何かのきっかけで始めてみてハマる。

この様に見つかれば儲けものだが、

この機会が無ければ、なかなか趣味も見つからない。

 

今回のテーマ

 

ミニマリストの趣味って何がいい?

 


色んな趣味があって、その中に出費が多い趣味もある。

そこら辺を気にせず、

ミニマリストらしい趣味ってなんだろう?

と考えてみた。

 


●模様替え


模様替えと大きくまとめたが、

モノの選別や、どうすれば快適に生活できるか?

快適な生活をするために、どんなアイテムがあるのか?

それらをネットで探したり。

模様替え自体の趣味としてはお金はほとんどかからない。

モノを買いそろえるにはお金が必要だが、

物が少ない部屋での飾り物を探しに出かけたり、

そういう楽しみもある。

ネットで自分の部屋を見せているミニマリストは

もうその行為自体が趣味になっているのではないだろうか?

 

●SNSやyoutube

模様替えと連動するが、

やはり理想の部屋になったり、

お気に入りのモノが手に入ると

誰かに披露したくなる。

それにとってつけがSNSだったりyoutubeだったりするわけだ。

snsで横のつながりが出来たり、

yotuberとして活躍してみたり。

だからなのかこれらの場所でよくミニマリストを見かける。

なぜミニマリストはSNSをやるのか?と思ったが、

結局趣味なのだ。


●カメラ

カメラを趣味にしているミニマリストよく見る。

カメラは昔と違ってフィルムとか使わず

データで写真を保存できる。

いくら撮ってもモノが増えないというのは理想だ。


●楽器

付属品を買いそろえて行けばかなりの物の量になるが、

必要最低限でのモノであれば、割と効率のいい趣味である。

アコースティック一本あれば、もう他に何もいらない。


●コレクター

ミニマリストだから何かをコレクションするのはどう?

と思うだろが、ミニマルな部屋にこそ、コレクションアイテムは

栄えるのだ。

ゴチャゴチャした部屋に自慢の物を置いても栄えない。

美術館などで、何もない部屋に一枚の絵が置いてあるのをイメージすると

解ると思う。

 

●散歩

家に何もない部屋にいるより、

散歩してる方が面白い。

少し散歩して、オシャレなカフェで

のんびりと過ごす。そこに置いてある雑誌など読めば、

家で雑誌買わなくてもいいし、WIFI環境があれば

そこはもう自分の部屋になる。

自分の家からカフェという自分の部屋へ移動する間。

これが散歩になる訳だ。


●動画配信サービス

テレビを見ないミニマリストが多い。

彼らは、無造作に入ってくる情報が嫌いなだけで

映像自体は嫌いなわけじゃない。

映画とかは好きだ。

動画配信サービスによる映画鑑賞は

リーズナブルで、快適な趣味になると思う。

 

●結局何の趣味でもいいけど一つにしぼる


あれもこれも趣味を持ってしまうと

モノも増える。

一つに決めてしまえば、たとえモノが増えたとしても

統一感はある。

部屋の統一感のために、趣味も統一するのもありだろう。

 


ミニマリストだからと、やってはいけない趣味はない。

そう思うと、ミニマリストの生活は楽しくなさそう

というイメージも少しは変わるのではないだろうか?

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。