ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

ミニマリストは泥棒に注意。物が少ない分、泥棒の物色時間が少なくなる。

スポンサーリンク

少し僕の近辺の話をしよう。

最近我が家の地域では「泥棒」被害が多い。

空き巣であったり、寝てる所に忍び込んだり。

丁度窓を開けて寝ると気持ちいい時期は

このような泥棒が多いようだ。

手当たり次第ドアの鍵を開いてる家を探して、

滞在時間短く、金目のものを盗んでいく。

このブログは泥棒に注意しましょうと言うブログではなく、

一応ミニマリストのブログである。


今回のテーマ

 

ミニマリストは泥棒に入られても盗まれるものはナシ!

 

 

と、言いたいところだが、実際はどうだろう?


ミニマリストの家を想像してほしい。

おそらくミニマリストじゃない人の家に比べて

家具、モノ、が少ないと思う。


なぜ、ミニマリストはモノを減らすのかという理由に、

「モノを探す時間を省きたい」という理由もある。

どこに何があるか、すぐに解るように、モノを少なくする。

 

じつは、これって、

泥棒にしてみたら、なんとまぁ簡単に泥棒できる家でしょう。

モノを探す時間とは泥棒にしてみたら「物色の時間」になる

物色する時間が極端に少ない家は泥棒にしてみたら魅力的である。

それに物が少ないミニマリストの家に

高価なモノ、金目にあるものがどれくらいあるだろうか?


高価なモノの数は少ないと思う。

だが、数は少ないかもしれないが、それ一つ盗まれると

高額な被害を受けるかもしれない。

 

今回の泥棒の手口を見ると、

やはり財布などを探して、盗んで行く様子だ。


財布、小銭入れ、カード入れ、診察券入れ、銀行に行く用の袋 鍵


これらを分けて置くと、どれか一つでも盗みから逃れれば

被害は少なくなるが、ミニマリスト効率化を求め

一つの鞄に全部小さく入ってる、なんてことが多いので

鞄一つ盗まれたらかなりの被害になる。

 

ミニマリストはモノが少ない分、モノを一つにまとめている分、

それ一つ盗まれた時の被害は大きいのだ。

 

会計は全部電子マネー

何て人はスマホを盗まれた場合

まず、スマホを盗まれているのでカード会社などに電話が出来ない。

固定電話もないだろうし、カードの書類などはちゃんと残しているだろうか?

カード会社や免許などの効力を止める電話の処理が遅ければ遅いほど

被害は大きくなるかもしれない。

備えあれば憂いなしという

 

もし、泥棒が入られた時の対処法などを

シュミレーションしておくのも大事かもしれない。

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。