「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

低評価を押される事に嫌な思いをしない。それがyoutuberとしての条件だ。

スポンサーリンク

自分が思っている事を外に出すと。

批判される事もある。

黙っているのが一番いい訳である。

どんなに良い案を出しても、それに対して

批判する人はいる。

 

今回のテーマ

 

発信者には敵多し。

 


実際の僕は割とだんまりを決め込むタイプ。

発言しないとダメなところでも黙って

誰かの発言に賛同する。

「あの人はうなずくだけだ」など思われているかもしれないが

それが本当だから言われても仕方ない。

本当の事を言われているだけだから。それでいいのだ。


だが、最近になって、ブログを書くようになった。

うなずくだけではなく、発信者となったわけだ。

そうなるとやはり僕の表現する内容に違和感を持つ人も出てくる。

黙っていればこんな事もないのに

発信するからこうなる。


youtubeもやっている。

言葉で否定されないが、

低評価ボタンなるものがある。

僕の動画はたった一分の人形劇だ。

わざわざ低評価のボタンを押すほどの動画でもないが

押していく人がいる。

正直僕には理解できない。

決して評価が高い動画ではない。認めるが、

低評価を押されるほどの動画でもない。


「評価してもらえるような動画でもないのにわざわざ低評価を押していく人」


とでも言おうか?

低評価など押していかないで、そっとしておいてほしいものだ。


ツイッターなどもそう。

発言した事に批判的な事を言う人もいる。

フェイスブック、など


もうSNSとひとまとめにしてもいいかもしれない。


発信する事で敵を作るのは間違いない。


これは、SNSをしている人みんな、理解していることだと思う。

「自分には敵はいない」と思っている人、明日はどうからない。


SNSを始める人は覚悟したほうがいい。

 

ブログやyoutubeを始める人は目に見える批判を覚悟したほうがいい。

これらの覚悟ができる人が長続きする世界なのだと

やってみて解った。

 


とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。