ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

信じるから裏切られる。信じなければ裏切られるという事もない。

スポンサーリンク

自分の周りにどれだけ信用できる人間がいるか?

信用していい人ほど怪しい時もある。

その逆に信用していい人の事をイイように思えない時も。

何を持って信用できるかどうか判断されるのだろうか?

「僕の事信用してください!」と言うほど胡散臭い人はいないし、

「僕の事なんて信用しない方がいいよ!でもね?」と話しかけられると

もう詐欺の匂いしかしない。

「信用」という言葉を口から発しない人が信用できるような気がする。

そんな僕も「信用」という言葉を発信しているが。


今回のテーマは

 

人を信用しない。

 

実は僕もあまり人を信用する方ではない。

疑っているというわけではないが、

人の事を信じ切らない傾向がある。

悪い人だとは思わない。完全な人ではないな?と言うくらいである。

だからすれ違う人すれ違う人に「こいつは信用できない!」なんて

睨みつけているわけじゃない。

世の中の人みんな結局自分が一番かわいいと思っている程度だ。

実際そうだと思う。自分の事を犠牲にして自分に何かいい事をしてくれる人って

そういないと思う。

いるとは思います。でもそんな人に出会うのはかなり確率が低い。


人を信用していない分、裏切られる事もないんです。

「まぁそうだよね」と思って解決できるので、精神衛生の状態が良い。

それにそれくらいに思っていた方が、もし何かステキな事をされると

「この人は何ていい人なんだろう!」と感動してしまう。

だけど、信用はしきらないですけどね。


人の事を信用するしない、と言う話が続いてしまいましたが、

僕が今回話たいことは

人が話す事をどこまで信用していいのか?という事。

人の人情だったり、行動ではなく、情報だ。

ちょっと考えを変えてみよう。

自分自身が発信する情報にどれほど信憑せいがあるだろうか?

友達と話す内容。同僚と話す内容。家族で話す内容。

もちろんブログやSNSで流す情報も鵜?みにしていいのかどうか?


あのラーメン屋さんおいしいよ

何て言われて行ったらおいしくなかった。

なんて話はよくある話。

美味しさなんて好みによって違う。そんなのは当たり前だけど

それを鵜呑みにしてラーメン屋さんに言って嫌な思いをする。

こう思うと、ラーメン屋おいしいよ!と教えてくれた人よりも

鵜吞みにしてラーメン屋に行った人の方が悪いのではないか?なんて思う。

信用しきっているから、裏切られるのだ。

最初から信用していなければ、裏切られたと思わないし、

ラーメン屋教えてくれた人の事も勝手に悪く思っているわけで、

教えたくれた人もたまったもんじゃない。


ネットでもそうだ。

検索で引っかかるとブログが上位に挙がってくることもある。

僕のブログなんかも検索サイトから見てくれている人もいるので、

言ってしまえばプロの人じゃなくて、素人が情報を流しているのだ。

僕の事を信用していいのか?僕自身そう思ってしまう。

ネットの情報、ブログの情報も信用しきってはいけない。

裏切られた!なんて思わない程度に信用しなければならない。

 

先ほど僕のブログを信用していいのか?なんて書いたが、

僕のブログは言い切らないようにしているし、

自分の考えを整理して発信しているので、

信用してみてください!とは言えないけど

共感して頂ける内容を発信して行こうとは思っています。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。