なりそこないのブログ

整理することで解決することがあるかも?ミニマリストのなりそこないです

働く事は辛いこと?辛く感じないようにするには

スポンサーリンク

なぜ働くのか。

お金をもらうから。

そういうと家事はどうなる?

そういう意見もある。確かにそうだ。

「働く」は何もどこかに勤めに行くだけが「働く」ではない。

働く。

はたらく。


今回のテーマ

 

働く意味。

 

最初に言った「お金をもらうから」と言う理由。

間違ってはいないけど、家事をしている人は働いていないのか?

そもそも働くとはどういう意味なのだろうか?


1.職業として、あるいは生計を維持するために一定の職に就く。

2.機能する。作用して結果が現れる。

3.精神などが活動する。

4.悪事をする

5.文法でつかう。

6.動く。体を動かす。

7.出撃して戦う。


辞書を見るとこんな感じで書いてある。

結構難しい、「働く」と言う言葉。


働くってなんだ?働かないとだめなのか?

ミニマリストでは必要以上働かないで自由な時間を持つという

考えを持つ人もいる。そもそもミニマリストとはそういうモノだと思う。

でもこの日本で、少しだけ働いて生活をしている人がどれくらいいるだろうか?

時給で考えてもそうだ。

一か月の生活費を30日ほどで割って

一日の生活費を出してそれを自分が働きたい時間で割る。


一か月の生活費を30万としよう(計算しやすいように30万)

これを30日(一か月)で割る。

そうすると一日の生活費が1万円になる。


何時間働きたいでしょう?

10時間働いたとすると時給は1000円。

5時間働いたとすると時給は2000円。

1時間しか働きたくない!と言う人は時給10000円。

1時間は言い過ぎたが、時給2000円の仕事が出来る人であれば

5時間だけ働いてあとは好きにすればいい。


と、どれだけの人がこれが可能だろうか?

生活できる分だけ稼いだから今日はもういいや~

なんて仕事を途中でやめる人がどれくらいいるか?

そんな仕事ができるのは少数人数だろう。


ではなんで人はみんな働くのか?必要以上に?

まず考えるのが蓄え。

あとは、賃金の事よりも仕事に責任を感じる人。

日本はこの仕事に責任を感じる人が多いのではないだろうか?

休むと仕事が回らない、人が少ないから仕事に出ないといけない。

シフト少なく希望するとそもそも雇用してもらえない。


賃金で仕事を調整できる人は稀だ。

自分の必要な生活費を自分が働きたい時間で計算してみてほしい。

その時給分の仕事をできるだろうか?

先ほどの計算も30日で割った。

一か月30日の計算だから、休みなく仕事した場合になる。

土日は休みたい人は20日で計算しないといけない。

 

休みの話になったので、

結局は人はなぜ働くのか?

貴重な休みを楽しむために、働くのではないだろうか?

土日に楽しい事をするために休む。

土日ゆっくりねる。


家事には休みがないと言うが、

旦那さんや子供がおいしそうにご飯食べる事に幸せを感じるとか

その結果のために仕事をするのではないだろうか?

ねぎらいの言葉も大事かもしれない。

家事には値段はつかない。これらの事を報酬と感じないと

家事なんてめんどくさいものになる。


働く事は何もお金だけじゃない。

幸せになるために働くのだ。

賃金が少なくても、仕事がつらくても

幸せがあれば働く意味はある。

簡単なようで難しい。

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。