なりそこないのブログ

整理することで解決することがあるかも?ミニマリストのなりそこないです

大きなカバンを持って通勤する人。カバンの中身に不必要なものが入ってない?

スポンサーリンク

世の中には、大きなカバンを持って歩いている人がいる。

しかもなかなかの重さだ。


旅行ではなく、きっとお仕事。


しかも特別大きなカバンを持っている日、と言うわけでなく、


常に、ほぼ毎日、大きいカバンを持っている。きっと重さも毎日だろう。

 


僕は自営なので通勤がなく、カバンを持って歩くという事をほとんどしない。


そんな僕だからなのか?その大きなカバンに何が入っているのか気になる。

 

おそらくだが、きっと仕事道具なのだろう。


家でも仕事をしなければならないから毎日毎日、重い仕事道具を持って帰っては


また仕事で使うから職場へ持っていく。

 

何の仕事なんだろう?

本類は重い。でもそんな重い本を何冊も家で使うのだろうか?


だったらもう家で仕事しないでいいように職場で残業したらいいんじゃないか?


なんて思う。

疲れているのにこの重い荷物を持って帰路につく方が残業より嫌だ(人によるかも)


よくよく考えると


本当にカバンに入っているのは仕事道具なのか?という事。

 

東日本大震災のあと、しばらく鞄の中に非常食を入れている人がいた。


通勤かばんに飲み物や食べ物を入れていた。その人の鞄はすごく重たかった。


そういう人もひょっとしたらいるのかもしれない。きっとそういう人は


危機的状況でも生きていけるのだろう。見習わなければならないところだ。


だけど!


毎日、重い荷物を持って通勤するのは僕は嫌だ。


地震が来る前に疲労で病気になるかもしれない。

 

非常食の話は少しおいておこう。

 


重いカバンの中の物、全部とは言わないが、

本当に持って歩かないとダメな物ばかりなのか?


一度カバンの中の物を見せてもらいたい。

 

いや!いらないでしょ!っていうモノが入っているはずだ。

 

大きなカバンを持っている人に限らず、


一つカバンの中に必要のないものが入っていると

一つだけじゃなく、二つ三つと増えていくと思う。


その一つ、カバンに入れるか入れないかで、


大きなカバンを持つ人になるのか、手軽に行動できる人になるかが


変わってくると思う。

 


とりあえずここまで!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村