ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

部屋がゴチャゴチャしてるから子供の友達を家に入れたくないのか?他に何か理由があるのか?

スポンサーリンク

僕が子供の頃はよく友達の家に遊びに言ったり、

または来てもらったりしていた。

今の子供たちはどうなのだろうか?

我が子はまだそのような遊びに行ったり、来てもらったり

そういう交流はない。


今回のテーマは

 


子供が家に遊びに来る。

 


先ほど言った通り、うちではまだそのような交流がないが

そろそろそういう交流が始まる年頃でもある。

正直僕は子供の友達には来てほしくない。

家の物を触ってもらったりしてほしくない。

潔癖と言うわけではないが、家は家族だけのものにしたい。

おちつかないし、なんだか不安。

変なところあけないかな?とか、物を壊したりしないかな?

なんて

子供部屋がないからというのもあるかもしれない。

自分が子供の頃はそんなことなにも思わなかったけれど

親はそんなことを思っていたのだろうか?


ご飯時になっても帰らないから夜ごはん出してあげた

なんて話もよく聞く。

なんでそんなことまでしてあげなくてはダメなのか?

だから正直、子供にも友達の家には行ってほしくない

ちゃんとおとなしくできるのか?そんな事考えているのも嫌だ。


これは親の勝手で、そういう交流も子供にとっては大事なのかもしれないが

いやなものはいやなのだ。

せめて、親同士が知っている人ならまだいいかもしれない。

親がどんな人か解っている人、親同士の付き合いがある人の子供なら

百歩譲っても家に招いてもいいかもしれないが、

どこの誰だかしらない子供の友達は入れたくない。

こんな考えは僕だけだろうか?


子供部屋がないからそう思うの?潔癖だからそう思うの?

子供が嫌いだからそう思うのか?自分のテリトリ―に入られたくないから?

ひょっとしたらこれら全部が理由なのかもしれない。


これが家に何もない極限のミニマリストの家ならそうは思わないんだろうけど、

我が家には物がたくさんある。

自分の物は少ないが、家の物としてのゴチャゴチャした物はたくさんある。

もしそれらが盗まれたら、なんて考えると正気の沙汰じゃない。

自分の物じゃなくても家の物だ。腹正しい。

子供の友達を信用できないのか?と言われれば

どう信用すればいいのだ?身元も性格も知らない子供なのに。

これは親の鍛錬なのだろうか?こういう気持ちを持たないように

親が何かしら悟らなければならないのか?


こんなこと僕にできるだろうか?

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。