ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

寝かしつけのBGMは数を数えてあげる。数には終わりがないのでずっと数えてられる。

スポンサーリンク

子供を寝かしつけるコツ。


前回はトントンについて話しましたが、


今回はBGMの話。

 

BGMだからと言って「こんな音楽がいいですよ!」という話ではなく、

 

自分(親)の声で心地よいBGMを作ってあげるのです。


これは赤ちゃんというより、幼児とかからになるかもしれません。

 

我が家は寝る時に「数」を数えるのです。

 

1、2、3、4、


寝るまで数えるのです。

 

よく「羊の数を数える」という寝る方法がありますよね


あれに似ているのかもしれません。

 

なぜ数を数えるのか。それは数は永遠と続くからです。

 

物語などは終わってしまいます。子守唄もリピートすればいいですが終わりがあります。

 


数には終わりがないのでずーっと数えてられます。

 

ここでもまたコツがあります。

 

やはりリズムは一定じゃない方がいいです。

 

1!2!3!とイイリズムだと心躍って寝れません。

 

い~~ち、に~~~~い、さん!、よ~~~~~~~ん


とこれくらいずらしてもいいかもしれません。


早く数えないでゆっくり。早く数えたからと言って寝るわけではないので。

 


あとは、すこしカウントに間を空ける。

 

34から35の間を秒数で言うと5秒ほど空けるとか。


明けすぎると子供に催促されるので、この間隔をあけるのは難しいですが、


ちょっとずつ空けていくと、その空けた間にスーッと睡眠に入る時があります。

 

もちろん声も静かに、


吐息くらいでもいいかもしれません。

 

そして

 

結構自分も寝てしまいます。


でも物語とか歌じゃないので


なんとなくごまかせたりもします。

 

ぜひお試しください

 


とりあえずここまで!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村