「ミニマリストのなりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがミニマリスト、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

堅実な仕事をこなして行く。昔ながらの仕事を間違っているとは思わない。楽な商売は終わりが早い。

スポンサーリンク

楽をして儲けたい。

誰しもが思う事だ。

楽をして少ない報酬でミニマルな生活を送るという

ミニマリストも多いが、

それは正しいのだろうか?

間違っているともいえないが、

しっくりこない人の方が多いと思う。

汗水流して仕事するという昔ながらの考えは

今はもう通用しないのだろうか?


今回のテーマ

 

生きていく上で必要な仕事

 

最近言われているのが

「AIに仕事を取られる」。

雑誌などであと何十年もしたらAIに仕事を

取られるリストなどが上がっている。

それを見て「大丈夫だろう」と思っている人は

少し周りをよく見てほしい。

確かに昔から見る店舗だったり職業が無くなっている。

危機感を持つべきだ。


AIに仕事を取られた場合、

次は違う業種を探さなければならない。

自分には何ができるのだろうか?

仕事の量が減れば当たり前のように仕事に就けない人も出てくる。

競争相手が増えるというわけだ。

自分の力量は競争相手に勝てる程の力量なのだろうか?

今のうちにスキルアップが必要になる


youtuberなんかもすごい数で増えて行っている。

ここ何年かで爆発的に増えた。

僕だって始めたくらいだ。

誰でも簡単になれるyoutuber。

昔は一人勝ちで来たジャンルも火を増すごとに

競争相手が増えてくる。

これにもいえる。

競争が激しくなってきた時に競争に勝てる力量なのか?


社会での競争に負けるとどうなるだろう。

就きたい仕事に就けなくなったり、

就いたとしても賃金が少なくなったり。

「楽して儲けたい」と思っている人が競争に負けて

「苦労して儲けないとダメ」になる可能性は大きい。

今のうちに出来る事はなんだろう。

今のままでいいのだろうか?


生きていく上で必要な仕事ってあると思う。

社会をミニマリスト的発想で見ていけば

10年後100年後無くならない仕事って見出せると思う。

なんだろう?

100年後無くならない仕事って。

これだ!と言える仕事があるだろうか?

お医者さん?画家?落語家?政治家?

コンビニの店員?配達員?


この「生きていく上で必要な仕事」を選別できなければ

今は大丈夫でも今の子供が

大きくなる頃には社会の構造はガラリと変わっているだろう。

今から20年前はPS2が発売した年だが、

その20年後にはPS5が発売との事。

技術の進化はこんなにも進んでいる。


ここ20年位で生活が変わった事、

例えば年賀状を出さなくなった。

年賀状業界はどう思っているだろうか?

レンタルビデオを借りなくなった。

レンタルしなくても動画サイトで見れる。

技術が発展すれば更なる発展は倍々で早くなっていく。

情報にも追い着く努力が必要


ネットありきの社会になりつつもある。

こうやってブログを書いてアップロードするのも

ネットでの作業だし。

ネットで買い物、ネットで娯楽、ネットで仕事。

現時点でネットが使えなくなった場合、

どれほどの人が仕事を失うだろうか?

ネットって絶対に大丈夫なものなのだろうか?


僕が思うこれからも無くならない仕事。

それは「ネットを使わない仕事」だと思う。

今やネットを「戦場」にする時代。

サイバーテロなどもよく聞く。

ネットは安全なように見えて

「危険な場所」でもある。

あの国は内戦続きだから行かない方がいい。

そんなのと同じ場所だ。


ラグビーワールドカップも流行っている。

日本人の「特性」にラグビーはリンクするかもしれない。

前にパスせず、後にパスする。

あと何メートルでトライなのに前にパスできない。

3歩進んで2歩下がるじゃないけど、

昔からそう教育されてきた事を

「間違っていた」とないがしろには出来ない。


今苦しんで仕事をしている人。

その苦労に押しつぶされそうな人。

その先に何もないかもしれないが、

何かあるかもしれない。

ネットでは楽して儲けている人もいるかもしれないが、

そんな甘い罠に飛びついてはいけない。

地道は強いのだ。

確実に一歩前に進む所が日本人の素晴らしいところだ。


とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。