「ミニマリストのなりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがミニマリスト、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

頭の中のモヤモヤも、物を整理するのと同じで、一度広い場所に出して見よう。

スポンサーリンク

頭の中のモヤモヤを具現化して整理する。

その方法はいろいろあるが、

とりあえず思った事、やらないとダメな事を

メモにしたりリストにしたりする。

そうすると頭の中のどこに整理すればいいか解らないことを

メモなり、リストなりに整理できる。

頭の中のモノをなるべく少なくして

処理できる頭にする。

頭も部屋も同じだ。

モノがいっぱいだと捗る事も捗らなく。

 

 

今回のテーマ

 


頭の中の物も要らないなら捨てよう。

 


さっきは頭と部屋が同じだと言った。

もっとわかりやすく説明するために


頭と「物置」としよう。

「物置」なんて言葉ももう古いかもしれないし、

「物置」が無いお家もある。

 

「頭」と「クローゼット」としよう。

 

クローゼットの中の物を整理する時

一度クローゼットから物を出して

クローゼットを空っぽにする方法がある。

クローゼットに入ってたモノを


要るものと要らない物に分けて、

要らないものは捨てる。

要るものはクローゼットに戻す。


頭の中もこれと同じ方法でするのだ。


まずは頭の中のやる事、やらないとダメな事

悩み事でもいい。

とりあえず全部メモに書き出すのだ。

何日かかってもいい。

同じ事を書いてもいい。

とりあえず頭の中のモヤモヤを書きだす期間を作る。


一週間、一か月、頭の中のモヤモヤを書きだす期間を作ったとして、

どらくらいの項目がでるだろう?

10か?20か?30か?

100かもしれない。


その数が頭の中でグルグルと回っていた項目なのだ。

頭の片隅にしまってたのに、フッと思い出したり、

その事が大きくなって頭いっぱいになったり。

これを書き出して具現化、メモ化できたことだけでも


十分効果的だと思う。

頭の中を文字として表せたのだから。

頭の中全部じゃなくてもいい。

頭の中全部を文字に出すのは無理だ。

さっきの数の分だけでも出せただけで十分。

 

つぎに、この書き出した項目を見つめ直す。

これもどれくらい時間がかかってもいい。見つめ直す。


どう見つめ直すか?


とりあえず、同じような事がないか?

それを確認してみる。


例えば、「不健康」と「ルックスが悪い」

この二つ、「ダイエット」でまとめられないだろうか?

「ダイエット」をすれば、「不健康」も「ルックス」も

改善される。

二つの項目を一つにしていく。

そうすることによって解決の近道にもある。

 

あとは、コレも例えだが、

「部屋の模様替えをする」

という大きな仕事が頭の中でぐるぐると回る。

これを書きだしてメモにして、

メモの中で分析するのだ。


「なぜ、部屋の模様替えをするのか?」

「どれくらいの費用をかけるつもりなのか?」

「コンセプトはあるのか?」


など冷静に文字で考える。


よく考えてみた結果、

「部屋の模様替えをする理由が見当たらないい」

「金銭的に余裕がないから模様替えに予算は振れない」

「コンセプトか。。。今の部屋でも落ち着けるかな」


と考えがまとまったら、この案件は

流れる事になる。

 

頭の中で「やらないと」と思ってる事を

文字にしてみると実はしなくてもよかったりする。


そういう事が意外と多い。

 

僕はこの前この方法で

150件ほどの項目を

80個くらい減らした。

半分近く、「やらないとやらないと」と思ってた事が

実はやらなくてよかった事なのだ。


考えはモノと同じで

整理できる。

 

残った80個は頭の中に戻すのか?


そうではない。


せっかくやる事や、考える事がまとまったものが

具現化できたのだ。

これを見て行動すれば、

頭の中でモヤモヤしてたものが


解決できる。


頭の中の大きな悩みなどはメモに出せないかもしれないが、

小さい事を出していき、

大きな悩みを考える頭の余地を作ってあげる。

これは決して悪い事ではない。

 

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。