ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

節約は「我慢」を形にすることでストレスが減る。我慢した物の金額を書いていこう。

スポンサーリンク

節約には色々方法がある。

気付かずにこれだけ節約できていた!

ってのが一番うれしいけど

だいたいが「我慢」することで節約は成り立つ。


今回のテーマは

 

我慢した事の金額を書いていく。

 


服が欲しいけど、

我慢

アレ食べたいけど

我慢。

我慢我慢我慢。

我慢している割に

全然貯金が貯まらない。

そうなるともうただただ我慢してストレスを貯めているだけだ。

そんな事がどれくらいの期間続くだろうか?

やはり成果が欲しいところ。


例えば、8000円の服が欲しい。

だけど我慢した。

この服代の8000円をどこかに記載する。

焼肉食べたかったけど牛丼に。

大体の差額を記載する。一人前だと5000円の差額くらいにしようか。

ジュース飲むのも我慢。150円。

雑誌買いたいけど我慢。1000円

これくらいにしようか。

これくらいの我慢は割と頻度よくすると思う。

この割とある我慢を金額として見てみると


服代8000円
焼肉代5000円
ジュース代150円
雑誌代1000円

計14150円

本来使っても良かった金額を我慢したことにより、

これだけの金額を節約したことになる。

言うなれば、我慢した結果の金額になる。


タダ我慢しただけよりも。

この様に金額にして見えると

すこしモチベーションが上がるではないだろうか?


ただこれは何を我慢する項目にするかで感覚がマヒすると思う。

普段海外旅行なんてしないのに

海外旅行我慢した~10万円節約!

なんてやってはいけない。

我慢する項目にルールを決めなればならない。

いつも出費している物にだけ金額を割出し記入するなど。

先ほど言った行ったことない海外旅行を我慢、と言うのはもちろん

普段行ったことのない、高級料理やもそうだし、

身の丈に合わないアクセ、服、家電などは記載してはダメだ。


では何を記載するか、

例えば、

タバコ2箱吸ってるのを1箱にした

いつも自販機で買ってるお茶を水筒にした。

1000円のランチを我慢してワンコイン500円のランチにした。

まだある。

スーパーで買うお菓子を我慢した。

タクシーワンメーター我慢して歩いた。


これらは節約する人にとっては日常行なっているであろう行動。

この行動を形に表すために金額を記載するのだ。

結果はどうついてくるかはわからないが、

ただただ我慢してストレスを貯めていくより

20000円も節約できたんだ!と喜びもあるかもしれないし、

20000円も節約したのか、ちょっと節約しすぎだから

10000円分くらいは贅沢してもいいかな?

と節約の目安にもなる。


何でもそうだが、形に表すというのは大事なことだと思う。


とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。