なりそこないのブログ

整理することで解決することがあるかも?ミニマリストのなりそこないです

平成最後。平成35年は新年号何年?年号早見表も作ってみた。

スポンサーリンク

2018年、夏あたりから

「平成最後」とつける事が多くなった気がします。

2019年度のカレンダーは祝日がまだ未定なところもあるみたいで

買った本人が自分で祝日の赤を塗ってくれなんていうところも

平成最後平成最後。「平成最後の紅白」だなんて盛り上がりましたね。

 

先日免許を使う事があったので、久々に見てみると

 

免許更新 平成35年

 

と書いてあるのです。

平成はもうすぐ終ります。

平成35年か、、、

新しい年号になると何年になるんだ?

昭和64年が平成元年だったから、この方法で当てはめると

平成31年が新年号元年になるわけですよね

平成31年が新年号1年でしょ?

平成35年は新年号5年?

ちょっとキリがよくて解りやすいかもしれない。

でもなんか年号変わったら平成35年の事なんてどうでもいいと思う。

 

そう思いますか?

 

これが意外とそうでもないのです。

こんなセリフ聞きませんでしたか?

「昭和で言うと何年だっけ?

平成も終わりに近づくけど、未だにこのセリフ言う人がたまにいます。

というわけで、昭和、平成、新年号、西暦の早見表を作ってみた。

何かの参考にどうぞ。

年号早見表

早見表

 

 

平成38年完成予定!

もう最初から西暦にしとけばよかったのに!と思う。

近年の大きな予定を書くと

・2020年-新年号2年 東京オリンピック

・2025年-新年号7年 大阪万博

・2026年-新年号8年 サグラダファミリア完成予定

・2027年-新年号9年 リニア中央新幹線開業予定

 

車の免許は更新の時にハガキが来るけど

それ以外の事はどうなるのだろうか?

平成で計算していたものはすべて新年号に換算しなければならない。

やっぱりもう全部西暦にしとけばいいじゃないか!

と思うところもあるが、年号を使う国も少なく、

昭和生まれの人は「昭和」を結構愛している。

新しい年号も、末永くとは言えないが、平和な時代になればいいなと思う。

 

とりあえずここまで!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村