ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

当たり前の事だけど、服はハンガーにかけよう。それができてない人は習慣づけよう。

スポンサーリンク

習慣づけることによって、部屋を片付ける以上に効果があることがある。


以前とりあえず物を置けないような家具配置をするという話もしたが、


割とこの時期、部屋がゴチャゴチャ見える物の一つとして

 

脱いだ上着を挙げてみる。


外から帰ってきて上着を脱いで


とりあえずソファの上に置く。


とりあえず部屋の入口の横に置く。

 

なんてことないだろうか?


我が家がまさにそう。


アウターの中にもう一枚防寒着何か来てるのも脱ぐ、それをそこら辺に置く。


もう服の山なわけですよ。

 

またすぐに外に出かけるから、なんて理由でそのままだったりもする。

 

この服の山がなければ。

 

ここで最初に話した習慣づけるという話。

 

服はハンガー。


当たり前の事が出来てないから服をソファの上とかに置いてしまうのだ。

 

服はハンガー。


服はハンガー。


服はハンガーなのである。

 

あとはハンガーにかけた服をどこにかけるか?


一番いいのがもちろんクローゼットだろうけど、

服をそこらへんにおいている人にとって、

ハンガーに服をかけてクローゼットにかけるというのは至難の業。


ハンガーにかけたところだけでとりあえずいいとしましょうよ。

クローゼットに入れるだなんて無理です。

 

このハンガーにかけた服をかける場所をつくればいいのです。


クローゼットを開けてしまうという行程が多いので無理なのですから、


そこらへんにフックとかかけて、そこにかけるとかでもいいと思います。


とりあえずはソファとか床とか下におかないで、

 

ハンガーにかけてどこか壁にかけるというところから始めてみましょう。

 

とりあえずここまで!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村