「ミニマリストのなりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがミニマリスト、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

故郷が新しく激変した場合は、古い壁を探せばそこは自分が知っている場所

スポンサーリンク

先日実家がある大阪へ帰った。

もう大阪を離れて15年近く。

ここ近年の大阪の変化には驚かされる。

懐かしさがない。全く知らない場所になった

そんな印象だった。


今回のテーマは

 

懐かしの故郷で迷子になった

 

まるで庭のように行きたいところへ行けてたのに

迷子になってしまう。

よく言う梅田ダンジョンなんていうあの場所も

昔は全然迷わなかったのに

迷ってしまう。

ここはどこだ?

もう店も壁も床も天井も

全部違う。

梅田地下の歩きかたとしては

上を向いて歩く。

上の方にはちゃんと案内が書いてあるので

それを見て歩けば迷うことはない。

あと僕が思った事は

汚い場所は見慣れた場所

という事だ。

キレイな場所は自分が離れてから作られたところ

古びた感じの場所は見覚えがある場所なのだ。

迷った時は古びた方へ行くと

自分どこにいるのか解るかもしれない。

アメリカ村、アメ村にも行った。

なつかしいな~!と雰囲気変わらない感じだったが、

自分が通ってたお店全部ない。

寧ろ全部お店かわったんじゃないか?と思うくらい。

そう思うと懐かしさのかけらもなくなる。

さみしいものですよ。


とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。