「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

ダイエット中のストレスのメカニズムはこれだった!考えの整理で軽減できるかも

スポンサーリンク

絶対に言える事がある。

太っているより痩せている方が

絶対にイイ!


今回のテーマ

 


絶対痩せた方がカッコイイ!

 

今現在の体重より、2キロ痩せたとしよう

2キロくらいなら例え細身の人でも

シャープさが増すと思う。

小太りな人の2キロでもアゴ周りが変わったり。

2キロで変わるんだ。

絶対に痩せたほうがいい。

解っている。そんな事

でも痩せれないのが体重や体系を気にしている人。

体型を気にしていない人なんているのだろうか?

いないはずだ。

体型はみんながみんな気にしているはず。

細くてモデル体型の人なんて、悩んでなさそうだけど

おそらくその様は人は人一番悩んでいて、行動を起しているはず。


痩せたほうが絶対にいいんだよな~

解ってるんだよ~

なのに痩せれない。


本当にやせたほうがいいのかなんて思っているのか?

思っているのにそんなに食べるのか?


たしかに、痩せたほうがイイに決まってるのに痩せようとしないのは

きっと

自分の優先順位の中に「痩せる」という項目が下位なんだろう。

痩せる事より食べる事の方がその人の中で上位なのだ


そうなると欲と思考が全く違うから

「痩せないとダメのに」なんて思うわけだ。


欲と思考が一緒なら何のストレスもなく目的を遂行できるはず。


これはただ単に意欲とか熱意とかそういう事ではなくなってきた。


欲と思考の違いがダイエットに関してストレスを生む。

欲のままに生きて行けば、きっと太る一方だし、

思考を優先にすれば痩せるだろうけど、ストレスがたまる。

こういう人はずっとダイエットに関してストレスを感じないとダメなのか?

欲と思考の差を少しでもなくしていけば楽な生活を送れるんじゃないだろうか?


欲 食べたい、楽したい
思考 痩せたい、運動したい。


欲と思考の差を無くして行こう。


欲 ちょっと食べたい、ちょっと楽したい
思考 太らないでいい、散歩程度でいい。

上記と比べると欲と思考の差が小さくなったはずだ

もっと差を小さくできないか

欲 好きな物を一食食べてあとは制限、駅からバスで自宅に帰っていいけど1区間だけ歩く
思考 一年で2キロ痩せればいい、運動は全くしない


こうやって欲と思考の差を無くしていけば

劇的には痩せないが、少しずつダイエットに向けて動いてるし、

ストレスも軽減できるのではないか?


ダイエットにストレスはつきものだが、

このストレスによってリバウンドなどしてしまうのであれば、

ダイエット中にストレスを軽減できる方法。

今回では欲と思考の差を小さくするという

考えの整理をするといいのかもしれない。

これがダイエット中のストレスのメカニズムだと僕は思う。

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。