なりそこないのブログ

整理することで解決することがあるかも?ミニマリストのなりそこないです

歌詞もいらない?インストゥルメンタルバンドで思考力もアップできるかも!

スポンサーリンク

昭和の名曲はメロディーの良さ、

歌い手の歌のうまさなどを注目してしまう。

それに加えてやっぱり「歌詞」の良さが際立つ。

なぜ、このような言葉が出てくるのだろうか?

なぜ、このような言い回しが出てくるのだろうか?

あまり「昭和の曲」とばかり言っていると今の歌はどうなんだ?

と弊害を伴うかもしれませんが、

昭和生まれの僕はもう古い人間なのか?

今の曲に昔ほど共感、感動を感じないのだ。


まず、歌詞を覚えられない。

これが結構致命的。歌詞が覚えられないから

頭に入ってこない。

だからイイとか悪いとか感じなくなる。


やっぱり昭和の作詞家は偉大だ。

作詞家という職業の人が今どれくらいいるのか

同じ人数いるのかも知れないが、

あ~やっぱりこの人の詞はいいな~

というのを感じない。


もう歌詞にあまり魅力を感じなくなったのだ。


ここらで本題。

ココはミニマリスト志望のブログ。


今回は


インストゥルメンタルバンドで歌詞もいらない


インストゥルメンタルとは

簡単に言えば音楽だけ。歌わない音楽というべきか


クラシックなども言ってしまえばそうなのかもしれないし、

僕が好きな

東京スカパラダイスオーケストラなどもそう。

他にもたくさんいる

ジャンルも多岐にわたる


インストゥルメンタルの良いところを少し上げてみよう

・BGM代わりに最適

・歌詞がない分考え事の邪魔にならない。

・音楽本来の良さを感じ取れる

・年齢層幅広く聞ける。

 

寝る時に聴くのもいいかもしれない。

歌詞のある曲は頭の中で一緒に歌ってしまうが

歌詞がないと歌うに歌えない

歌詞の事も考えないでいいし。

歌がない分曲の構成が解りやすい。

このベースラインカッコイイ!とか

このドラム、スネアの叩きかたが特殊だな~など

あと、歌詞の内容が少し大人だと

子供が聴くにはちょっと早いな~

などそういうのを気にせずに済む。


加藤茶の「ちょっとだけよ」のBGMはすごく官能的だが、

あれは加藤茶のあのポーズとセリフがそう思わせるだけで

音楽だけを聞いて「官能的だ」とはそれほど思わないはず。

 

歌詞を捨てるといいましたが、

もちろん歌詞も大事です。歌い手も大事。

でもこういう方法もあり、こういう方法を選んだことによって

自分にプラスがあるかもしれないという選択もある。

そういう話でした。

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。