なりそこないのブログ

整理することで解決することがあるかも?ミニマリストのなりそこないです

武井壮の頭の中はミニマリズムでできているのではないだろうか?

スポンサーリンク

武井壮という人がいる。

 

テレビに出始めたころは


動物との戦い方をレクチャーをする人としてよくテレビに出てた。


最初は少しインチキ臭かった。僕だけかもだけど。


でもこの人の身体能力はすごい。


何をやってもすごい。


きっと、走る、投げる、飛ぶ、何をやってもすごいのだろう。

 


僕はだんだん彼が気になる存在になってきた。


彼の出てるテレビとか、youtubeに上がっている動画などを見ていると


この人がすごいのは、もちろん身体能力もだけど、

 

それ以上に「考え方」「理論」がすごいのだ。

 

逆立ちの何が難しいのか?そもそも人間は足二本で起っているじゃないか


という発想を持つ人。


簡単に言うな~と思うけど、「たしかに」と思ってしまう。

 

目をぶつって手を広げる。


目を開けたとき自分が思ったところに手が広がってるか。


この自分の行動と意識が合っていないと、いくら競技の練習をしても

無駄に練習していることになる。


たとえばバットを振ってボールに当てるという行為も


目でボールを追えても、バットが思ったところに振れてなかったら当たらない。


彼の言う事はすべて的を得ている気がする。


僕はスポーツは疎い。

 

でも彼の言う事は何もスポーツだけに通じるものではない。

 

色々なことが彼の言う事に通じると思う。


行動を起こす前になぜこの行動をするのか

 

彼は色んなスポーツを難なくこなせる。


きっと思考が運動量を超えているのでないだろうか。


練習量より、無駄な練習をしないという事が彼を作ったのではないかと思う。


僕の勝手な感想だけど、彼の思考はミニマリストに通じているのかもしれない。


彼の頭には無駄がないのだと思う。

 


とりあえずここまで!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村