ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

物がない部屋に不安を感じないメンタルが大事。ミニマリストは物を減らす前にメンタルを安定させる。

スポンサーリンク

物と精神状態ってよく結び付けられる

僕の見解だが、これは結構あると思う。

物と精神状態は深くつながっていると思う。

ただし、人による。


物を大量に買う症状の病気だってある。

大量に買う原因は人それぞれ違うが、

こうやって心と物は周り周って繋がっている。

 

今回のテーマ


メンタルと物

 

よく見る案で

「モノを減らすとメンタルが安定する」

そう案ずる人も多い。


確かにモノを整理してスッキリした部屋は気持ちいい。

これは誰もが体験したことある事だ。

気持ちがスッキリする。この程度の物の減らし具合は

よくある事。どこでも誰でもよくやる事。

 

一般の人の物を減らしましょうとミニマリストの物を減らしましょうは

桁が違う。


どこまで物を減らして行けば、色んなミニマリストが言う

メンタルの安定が見込めるのだろうか?


状態の変化にもよる。


イキナリ空っぽの部屋に住むのと

物が沢山あった部屋から物を減らし空っぽの部屋に住むのと

これは全然違うわけだ。


物が沢山あった部屋が空っぽな部屋になった場合感じる気持ち

寂しさ、寒々しい、孤独、虚無感、ぽっかり穴が空いた感じ

これらを感じる事が多い。


引っ越しをする時、今まで住んでいた部屋に物が何にもなくなる。

あの感じだ。

何とも言えない気持ちになる。

引っ越しは新居に引っ越すが、物を減らした場合は

そこに住むことになるのだ。

何とも言えない気持ちだ。


物を極限まで減らすとメンタルが安定するどころか

メンタルを崩しかねない。


「とりあえず物を減らそう」という発案は結構危ない。


特にメンタルを促す場合、メンタルが弱っている人が

「物を減らせば!」と思い物を減らし、

寂しさ空しさを味わう事になる。


これは傷に塩を塗るようなものだ。

 

「物を減らす事」は悪い事ではない。

「物を減らすとメンタルが安定する」と促すのが危ない。

 

言い換えれば、

「物を手放せる強いメンタルを持つ」

これが大事になるのだ。


物より先にメンタルだ。


難しい事だと思うが、これをしなければ

今のメンタルを改善出来る事は出来ず、

悪化する事があると思う。

 


物が少ない部屋に住んでいる人のメンタルは強い。

メンタルが強いからこそ空っぽの部屋に住めるのだ。

 

少し逆に考えよう


メンタルが乱れると部屋が汚れないだろうか?

要するにメンタルが安定していると部屋が片付くのだ。


片付いた部屋というのはメンタル安定のバロメーターと言ってもいい。

メンタルと部屋の感じは結び付く。

卵が先か鶏が先か

物が先ではない。

メンタルが先なのだ。

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。