なりそこないのブログ

整理することで解決することがあるかも?ミニマリストのなりそこないです

相談する側と相談される側の上手な付き合い方

スポンサーリンク

僕は全然偉い人ではない。

偉そうにブログで色々話してるが、

偉い人間ではないが、

時たま「悩み」を打ち明けられる。

当人にとっては大きな悩みかもしれないが、

傍から見たら小さい悩み、

でも悩みを相談されたら僕は僕なりに

一生懸命考えて相談に乗るが


困ったことがある。

 

今回のテーマ

 


悩んでいる事に答えを出すと相手が機嫌悪くなる

 

 

こんな経験ないだろうか?

どっちの方の立場か?

これは読んでる人によって違うと思う。


相談する側と相談される側だ


今回は相談される側の話になると思う。


悩みを相談されて、

された方は悩みを解決してあげたい。

相談されたという責任感、正義感もある。

「こうしたほうがいいんじゃないかな?」

なんて案を出してあげると

「でもな~」とか「解ってるんだけどな~」

なんて返事はまだいい方。

ムスっとした顔でだんまり。そんな事もあると思うし

しまいには「構わないで」と言われてしまう。


相談してきて最後は「構わないで」と言われた

相談された方はたまったものじゃない。

でも、これらは絶対にいる。


例えば「案件A」について質問されたとする。

この「案件A」には「案件B」にも連動している。

だから「案件Bをもう少し改善したほうがいい」などというと

「今は案件Aの話している!案件Bの話は持ってこないで」

となる訳だ


10人中8人がそう思っているようなことでも

自分と思った答えじゃないとイラっとする人。


そう


相談する側が実は答えをもう持っていて、

その答えと相談された答えが合うのかどうかを

答え合わせとして相談してくる人がいるのだ。


要するに共感してほしい訳だ。


選択肢二つを悩んでいる人がいる。

そんな人でも薄らもうどちらがイイかおよそ決まっている。

相談側の選択肢と相談され側の選択肢が合えば

「解決!ありがとう!」

になるが

これが違うと

「でもな~やっぱりな~」と

相談側の意見を受け入れない。


「どっちの服が私に似合う?」ってのと同じだ


この「どっちの服が私に似合う?」という相談と同じように

すべての事において相談する側は多少答えを持っている。

 

相談する前に悩んでいるわけだ

悩んでいる時点でおよそ答えが決まっている。


まったくの何も考えてない相談は

悩みでもなんでもない。ただ答えを求めているだけ

まだそれならいい。相談され側が答えてそれに応じてくれるから

でも一度悩んでいる、しかも答えが出ている。

その答えに後押しがほしい。

そういう相談が世の中には割とある訳だ。


では相談され側は同相談にのってあげればいいのだろうか?


今までの話だと、先に答えを聞きだすのがイイだろう。

それに同調してあげよう。

それが一番相談側の気持ちが安らぐ。相談側が求めてる答えだ


相談された側の性格もある。間違っているのに同調したくない。

だったら自分の意見を言うだけ言って、

でも相談してきた側の意見を尊重する

それなら自分の正義感は守られるのでないだろうか?

 

ついでに相談する側の相談の仕方も考えてみる。

もう相談しない方がいい。

結局悩んでいるが答えは決まっている。

相談する側に恩も売ってしまうし、しかもこじれる事もある。


相談して自分の理想の解決案を出してもらっても

結局は相談側は相談してきた側に合わせているだけだ。

何の意味もない。


相談なんて

しない方がいい訳だ

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。