ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

空っぽの部屋とゴミ屋敷。どちらに住んでもミニマリストであったり、なかったりする。

スポンサーリンク

ミニマリストには誰でも簡単になれる。

ミニマリストになれない人はいない。

金銭面でもそれほどかからない。むしろ節約になるし、

家族がいるからミニマリストになれないもまた違う。

自分だけの物をミニマルにしていけばいいだけだ。


空っぽの部屋の人がミニマリストではない。

 

今回のテーマ

 

ゴミ屋敷の住人でもミニマリストだ。

 


テレビの特集などでよく見る

ゴミ屋敷の住人。

 

家にお邪魔して、「うわ~酷いですね~!」

と否定的な感じで部屋に入って行き、

とりあえず相手の承諾をもらい

片付け業者が物をジャンジャン捨てて行く。

キレイになった!よかったよかった!とレポーター。

ゴミ屋敷の住人は割と顏にモザイクがかかっていることが多いから

表情はうかがえない。

喜んでいるのだろうか?悲しんでいるのだろうか?

でも、なんとなくゴミ屋敷の住人が出す、寂しげな雰囲気を

僕は感じ取ってしまう。気のせいかもしれないけど。

だが、ゴミ屋敷の住人はキレイになった部屋に

またゴミを集めてくる。


いや、ちょっとまって!

誰がゴミって決めたんだ???


何だゴミって?


外から拾ってきたからゴミなのか?

リサイクル品なんかも誰が使ったか解らない物だ。

これらはゴミなのか?回収所が違うだけで

それほど変わらないと思う。


ゴミ屋敷は物が多すぎる為、火災の原因にもなる。

だから近隣の住人の苦情で行政が動いたりするわけだが、

火災や異臭などの迷惑が無ければ、ゴミ屋敷に住んでも

いいわけだ。


もし、自分の家の物を行政などが連れてきた掃除業者の人に

あれやこれやと捨てられたらどんな気持ちだろう?

不要な物を捨ててくれるならいいが、

そもそもなぜ、家に不要な物がある?その時点でゴミ屋敷以下だ。


ゴミ屋敷の住人は家にあるモノ全部必要なのだ。

必要だから増やしていく。

あのゴミ全部必要なのだ。(ゴミっていうな)


ミニマリストの定義、必要最低限の物で生活をする。

この「必要最低限」これは人それぞれで

ゴミ屋敷の住人にしたらあれが、必要最低限なのかもしれない。

だから空っぽになった部屋にまたゴミを持ってくる。

ゴミが必要なのだから。


ゴミ屋敷によるゴミって、結局他人の判断で、

よく「旦那さんの趣味の人形を捨てる奥さん」なんて聞く。

奥さんにしたら旦那さんの趣味の人形なんてゴミなんだ。


おなじなんだよ。


ゴミか宝かなんて価値観の話だけ。


だから僕は思う。

 

空っぽの部屋が必ずしもミニマリストの部屋じゃない。

空っぽの部屋に一つ、住人にとって不必要な物があれば、

そこはミニマリストの部屋じゃない。

逆に、ゴミ屋敷みたいに物がいっぱいの部屋でも、

住人にとって全部必要な物なら

それはミニマリストの部屋なのだ。

 

ミニマリスト=空っぽの部屋ではない。

逆にミニマリストじゃなくても空っぽ部屋に住んでもいい訳だ。


空っぽの部屋に住みたいのであれば、


ミニマリストを目指すのではなく、

空っぽの部屋を目指せばいい。


最後に言う。


空っぽの部屋に住んでいる人がミニマリストではない。

 

とりあえずここまで!

 


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。