「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

自律神経の不調は性格が原因。当たり前の事ができない性格が原因だ。

スポンサーリンク

体調が悪い時がある。

ずっと絶好調だ!と言う人の方が少ないと思う。

体調不良の原因でよく聞くのが

自律神経関係。

自律神経の不調をよくさせる方法は

意外と簡単な事が多い。

 

今回のテーマ

 


当たり前の事が出来ない。

 


自律神経を整える方法には

・規則正しい生活
・適度な運動
・食事の改善

などがある。

規則正しい生活の中にはきっと

睡眠時間の事や、お風呂にゆっくり入るや、ストレスを貯めない

等があるだろう、

適度な運動はした方が絶対に良い。

食事も栄養バランスを考えて体にイイものを食べる。


これらを見ると

どれも当たり前の事ばかり言っている。

言ってしまえば、

当たり前の事が出来てないから自律神経は不調になるのだ


なぜ当たり前の事ができないのか?

僕はこれは「性格」だと思っている。

しなきゃだめだな~って解ってても出来ない事はある。

誰にでもある。

ただ、解ってても出来ない事の数は人それぞれ違うと思う。

この数が問題なのだ。

この数を減らさなければ健康的な生活は送れない。


これを読んで、そうだそうだ!と思って行動する人はいないと思う。

なぜなら、

行動できる人はもうすでに、この文章を読む前に行動を起しているからだ。

この文章を読む前にそんな事は解っている。そういう人だ。

解っているが出来ない人がこの文章を読んでも、

「そんなことは解ってるけど出来ないんだよ」と思って違う記事を読むだろう。

解る。その気持ち解るが、

どこかで変わらないとずっとこのままな感じがする。


ぼくはミニマリスト、ミニマルな生活の記事も書いているが

書いていくとどれも当たり前の事を書いている。

片付けよう、整理しよう、考えてみよう、など、

ミニマリストはお恐れたことを言っていない。

言うなればすごくシンプルな事を言っている。

でもこの簡単な事を出来ない人が多いという事が

自律神経の不調にも繋がって行く。


当たり前の事が出来ないのは性格だと最初に言った。

性格で損をしてはいけないと思う。

当たり前のことが出来ない出来ないと思う前に

すこし行動を起せる性格になれば、

大体の事はうまくいくかもしれない。

性格を変えるのは難しいが、

自分の性格が解れば改善する術はあると思う。


とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。