なりそこないのブログ

整理することで解決することがあるかも?ミニマリストのなりそこないです

質のいい情報を手に入れるには「話し上手」から「聞き上手」になり話を聞く事。

スポンサーリンク

話し上手、聞き上手という役があります。


僕は割と聞き上手。上手かどうかはわかりませんが、聞き役が多い。


聞き役と聞き上手これもまた少し変わってくると思います。


ただただ聞いているのか、話す側が気持ちよく話せるように聞くのか

 

これによって聞き役か聞き上手か変わってくると思います。

 

人の話を聞かないとダメな時ってありますよね


それほど興味がないのに話を聞かないとダメなとき。

 

仕事の接客や、接待、お酒の席でうんちく語る人の話を聞くとき


どーでもいい話をそれを悟らせないで聞く。

しかもテンポよく相槌を打てる人。


これが聞き上手なのではないだろうか?

 

話す側の話の内容はわからなくても、テンポよく相槌が打てれば


その場がすごくいい雰囲気になる。


話す側の話の内容は3割頭に入れていればいい。


その3割について質問したり、共感したりすればいい


2割でもいいかもしれない。


後は何を話そうと、大きくうなずいたり、共感するふりをすればいい。

 

ただたまに、「本当にわかってる?」

 

ってことを言ってくる人がいる。


稀にいる。

 

結構嫌な感じだ。


こっちは気持ちよく話してもらおうと頑張って興味のない話を聞いているのに


なんでそんなことを言うんだ。

 

コッチは聞き上手のつもりで話を聞いている。

 

だからこの


「本当にわかっている?」という人は

 


話し上手ではない。

 

話し上手は「本当にわかってる?」なんて言わないし


そもそも面白おかしく話してくれる人が話し上手な訳。

 


世の中話し上手と聞き上手な人ばかりだったら

 

もっと情報交換だったり共有できることがあると思う。

 

同じ内容でも話し上手な人の話は興味がない話でも頭に入ってくる。


人付き合いの話にもなるが、話し上手な人ばかりと付き合うのと


そうじゃない人と付き合うのでは、


入ってくる情報量、質は全然違ってくると思う。


こういうところからも人付き合いを整理するのもありだろう

 

とりあえずここまで!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村