なりそこないのブログ

整理することで解決することがあるかも?ミニマリストのなりそこないです

鈴木のりたけさんの絵本はすごい!大人も子供も「ずっと」見てられる。

スポンサーリンク

今日の話のジャンルは「子育て」

絵本の話をしたい。


すごく面白い絵本があるのだ。


「子育て」と言ったが、大人が見ても面白い絵本。

 


「鈴木のりたけ」という絵本作家さんの絵本が抜群に面白い!

 

一番最初に見た絵本は「ぼくのおふろ」

 

ぼくのおふろ (わたしのえほん)

ぼくのおふろ (わたしのえほん)

 

 

話の内容を言うと楽しみがなくなると思う。


そう、この絵本は1ページ1ページめくるのが楽しめる絵本なのだ。


次はどんな展開になるんだ?早くめくって続きが見たい!!!


と言う反面、彼の絵が魅力的であり、


ページの隅から隅まで細かいネタが隠されている。


次のページ見たいけど今のページも見てたい!と言う気持ち。


だからなのか、うちの子供も絵本をパラパラめくってみるタイプだけど


1ページの滞在時間が長い。


絵本一冊のページ数は多い方ではないけど、じっくりゆっくり楽しめる。

 

絵本に出てくるキャラクターもすごく魅力的である。


「あ、このキャラ、さっきこのページでこんなことしてたよね?」

と前のページに戻って確認したり、そのキャラクターだけを追いかけたり。

 

あと、彼が書く絵本に「しごとばシリーズ」というのがある。

 

しごとば

しごとば

 

 

これはいろんな職業の職場の絵を書いて、仕事内容を伝えるという内容。

 

この職場の絵がすごい!細かい!臨場感がすごい!


たとえば、「美容室」の仕事場となると、ハサミ、コーム、ドライヤー。


絵本だからこんなもんだろう、と思ってたら違う。


細かく、もう本当に職場にいるような感じに書かれている。


「カラー剤」とか「水きり」とかもう細かい。

 

子供も楽しめるのはもちろん


大人も楽しめる。

 

もう我が家は「鈴木のりたけ」にはまってしまった。

 

シリーズにもよるが、幅広い年齢のお子さんが見れると思う。


オススメです。

 

とりあえずここまで!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村