ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

家族を気にするな。ミニマリストは自分中心。他人の物は自分の物じゃない。だから何も思うな。

スポンサーリンク

このブログでもよく問題に出す

「家族のものが多くてイライラする」

というミニマリスト事情。


ミニマリストを目指すために家の物を減らしていく

なのに家族がいらない物ばかり集めてくる

せっかく片づけたあの場所を散らかす

イライライライラ


こういう話をよく聞く


ミニマリストを目指す故、苦しみ始める

もとは自分もその部屋の住人なのに。。。

 


今回のテーマ

 

家族の物は自分の物に非ず。

 


まず、そもそもなぜミニマリストになりたいのか?

ココが大きな問題である。


色んな理由があると思う。

ミニマリストになりたい理由。

 

まずミニマリストになりたい人がその理由が

ゆるぎないものなのか?決意は固いのか?

そこが問題になる。


なんとなく物を減らすというのはミニマリストではなく、

片付けだ。


ミニマリストとは生半可な気持ちではなれない。


家族の荷物がどうだろうと、関係ない。

自分自身がミニマルな生活を送ればいいのだ。


隣の家の芝生が雑草ボウボウだから気になるか?

ならないと思う。

自分の家さえ綺麗であればいい。


この感覚なのだ。


自分の生活、自分のテリトリー、自分の持ち物が

キッチリと整理され、無駄を省けば、

家族の持ち物など隣の家の芝生と同じなのだ

どうなって用途関係ない。

ここで「なぜ、ミニマリストになりたいのか?」というのが

出てくる。

空っぽの部屋を目指すのであれば、

物がたくさんある家族との共存は難しいと思う。

物がたくさんある家族の考えをまずミニマリズムに変えていく

これが最優先だ。

じゃないといつまでも「物が物が!」と自分の物じゃない物に対して

ストレスを感じてしまうだろう。

空っぽの部屋を作るのは一人でないとおそらく無理だ。

それか全く自分の思考と同じ持ち主の人とじゃないと。

だからと言って、家族で住んでいる家から自分だけ独立した生活をする

そんな事は不可能だろう。


空っぽの部屋で住んでいる人が必ずしもミニマリストではない。


僕は物が沢山ある部屋に住んでいるミニマリストだ。

でもこの「物」は自分の物ではなく家族の物。

だからどこに何があろうと気にしない。

自分の物は自分の物で管理してあり、数少なく所有している。

共有するべきものも自分の物として持っている。

だから「片付ける場所が違うじゃないか!」という事もない


ミニマリストの家とは言い難い家に住んでいるかもしれないが

僕はミニマリストだ。

家族にミニマリズムを押し付ける気もない。

だって無理なんだもの。


家族がミニマリストじゃなくても

ミニマリストにはなれる。

他人のせいでミニマリストになれないと嘆いている人は

ミニマリストに限らず、色んな物になりきれず、

それを人のせいにするであろう。

と、こんな話をしているとすこし話が大きくなるので

話を小さくまとめていく。

 

「なぜ、ミニマリストになりたいか」だ。

このなぜの部分をクリアして行けば

自然とミニマリストになれるはず。

空っぽの部屋に住みたいだけなのであれば

一人になって部屋を借りればいい。

それがいやならその他の方法を考えて

ミニマリズムを作り上げていけばいい。


答えは一つじゃない。


空っぽの家にミニマリストと物が沢山ある家に住むミニマリスト


両極端だが、僕はどちらもミニマリストと思っている。


とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。