なりそこないのブログ

整理することで解決することがあるかも?ミニマリストのなりそこないです

食費を減らすという選択。それは正しいのか?我慢してるだけでは?

スポンサーリンク

月の食費はいくらかかるかという話

家計簿をつけていって

割と削りやすい項目である食費

ネットだったりテレビだったり

色んな節約家が

家族4人で月3万だとか2万だとか

すごい!

っと思いきや

実はお米とお野菜は農家の実家から送られてくるとか

調味料は別だとかという話

旦那さんの昼食代は旦那さんのお小遣いからとか


それだと月の食費とは言えない。食費の一部だ

 

さて


月の食費を家計の節約対象にするべきかどうか


ココはすごく難しいところである


育ちざかりの子供がいる家庭で

はたして食費を削っていいものか


量は減らさず質を落とすという方法もあるが


それも果たしてどうなのか


ミニマリストを目指す人にも

食も減らしていくという方もいる。

それはちょっとわかる気がする。

僕も減らせるものなら減らしたい


でもそれは個人の考えであって

食費を節約するために食を減らすと言われると

納得いかないところもある


主に食事を作ったり家計を任せられているのは女性の方


主婦の方が多いと思います。

そしてその食事を食べるのは

旦那さんであったり、子供たち、親御さんがいるところも


この食事をとる人みんなの評価が悪ければ

食費の節約としては失敗なのではないだろうか?

 

食費を減らし、食べる人たちの評価も落とさない節約


そんなことが可能なのだろうか?


僕は無理だと思っている


食費を減らし、それで料理を作り

皆の評価がいいという事はあり得ないと思う。

評価がいいというおうちは食事をしてくれる人たちが優しいのか

食費を削る以上になにか労力をどこかに費やしているのではないだろうか


食費を削るという選択肢は

ホント最後の最後に取っておくべきだと思う


とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。