なりそこないのブログ

整理することで解決することがあるかも?ミニマリストのなりそこないです

食事の量を減らすのはダイエットのためだけじゃない。ミニマルな生活もココから始まる。

スポンサーリンク

ダイエットのために食事制限をする。

そうすると胃袋が小さくなり、

一回の食事の量が減る。

食事の量が減るという事はどういう事か?


それが今回のテーマ

 

小食になるとすぐに満たされる

 

たくさん食べなくても胃も心も満たされるのだ

あんなにたくさん食べても満たされなかったのに

小量で満たされる。

これはなんとリーズナブルなんだろう。

食費も、もちろん抑えられる。

小食になって悪いことない。

ただこれは、小食になってみないと言えない事であって

たくさん食べる人にとっては「何を言ってるんだ?」となる

僕もそうだ、未だに大飯食らいと小食を行ったり来たりしている。


だから言える事でもある。

大飯食らいの気持ちもわかるが、小食の良さも知っている。

どちらも知っている上でハッキリ言えるのは


やっぱり小食の方がいい。小食になれるならなった方がいい。

大飯食らいにいい事が少ないのは

みんな解っているはずだ。

でも「やめれない」のである。

やめれない理由は人によって違うと思う

ストレス発散ってのもあるだろう。

何度も言うが僕もそっちの人間だ。

ただやっぱり小食を体験すると

そちらの方がいい。


この、少ないモノで感情を満たすというのは

ミニマリストの根本的考えではないだろうか?

必要な物だけで生活する。

食事だけではない、お金だって物だってそうだ。

必要な物と不要な物を見分けて排除していく。

そう思うと大飯食らいの食べる量の大半は

無駄な物なのではないだろうか?


よく僕は言う。

無駄な物か必要な物かは個人が決める事であって、

他人が決める事ではない。

だから僕が言い切りはしないが、

よく考えてほしい。

その食事の量は本当に必要なのだろうか?

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。