「ミニマリストのなりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがミニマリスト、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

物を少なく、身軽に生活するようになるキッカケは人それぞれ。あとは性格の向き不向き。

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20191031154933j:plain

常に整理について考える。

コレをコッチに持って行ったら

ココスッキリするんじゃないか?など。

物を減らす以前に整理が好きだ。

整理がちゃんと出来ると、

余分な物」「はみ出た物」が明確になる。

これらを捨てる。

これが物少なく生活するに繋がる。


実家に住んでいる頃から整理された部屋で暮らしていた。

物は多くなかったが、それなりにあり、

でも決まった場所に整理できる能力は子供のころからあったようだ。

必要最小限な生活をするのも「性格」というは大きな軸になる。


子供の頃から整理ができる体質だった訳だが、

一人暮らしを始めてみて、

自分で好きなように住まいを

組み立てていけるというのは玩具を手に入れた子供と同じで、

より整理整頓に根を詰めれる環境になった時、僕は開花したのだろう


自分のスペースを手に入れてから、

整理整頓ができる訳だ。

物を移動させるだけじゃなく、まずスぺ―スを作り、

そこに必要な物をしまい、要らない物を捨てる。

必要最小限な生活をしたくなる気持ちになるのは

スペースを確保できたからなのだ


僕も一人暮らしから必要最小限な生活が始まった。

一人暮らしの期間は短いと思っていたので、

感覚としては単身赴任。

身軽な方が転々と引っ越しがしやすいので

家具等もあまり増やさなかった。

この「増やさない」という意識がすごくポイントなんだろう


物を増やさない」という事は

物を捨てる」事よりも大事で、

物を買わなければ捨てる事もない。

それが未だに思考に染みついた結果、

身軽な生活が出来ているのだろう。

一人暮らしがきっかけなのか?

元々の性格なのかは今となっては解らない。

 

www.desupapa21.com

 


度が過ぎる生活をすると変人に思われるわけだ。

僕が一人暮らしをしてしばらくすると、

親が家に遊びに来て、ある物を見てびっくりした。

頭がおかしくなったのか?と。

僕はでビデオデッキを横にではなく、

縦に置いていたのだ。


ビデオデッキ、今でいう録画用のハードディスクと言うか。

これらは横に長い。

しかも説明書などには上には何も置かないでと書いてある。

置いてしまったらデッキ分の面積がもったいないのだ。

だったら縦に置けば側面の面積だけ済む。

この思考は変人なのか?


結局、必要最小限な生活をするには、

「性格」が大事なのだと思う。

スッキリした部屋に住みたいと思って

それが成功するかどうかは「性格」による。

僕は今の仕事をする前は設計の仕事していた。

簡単に言えばキッチリとした仕事だ。

要は向いていたのだ。


身軽な生活にも向き不向きがあるわけだ。

それはやってみないと解らないし、

必要最小限な生活をする大きなキッカケ、

例えば大きな病気をしたなど色々ある。

考えが変わる時もある。

ただ無理をして物を減らす事は苦痛に過ぎない。

これはやめた方がいいと思う。

向いてないのだ。

 

↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。