「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

一年前はミニマリストに憧れていたが、今ではミニマリストの肩書を捨てようとしている。

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20191120151838p:plain

一年でどれくらい考えや行動が変わるのか?

ミニマリストとしてブログを書き始めて一年が経ち、

リライトを兼ねて昔の自分の記事を

読みなおしている。

まるで別人のような考えをしていた。

記事を丸々リライトすると、

自分自身を否定しているような気がしたので

記事の内容はそのまま置いてある。

 

良ければ一年前、ブログ開設間もない記事をどうぞ

 

www.desupapa21.com

 


ちょうど一年前にどんなことを思っていたのか?

僕はミニマリストという存在に

強いあこがれを持っていた。

元々物を少なく、

効率主義であったので

ミニマリストの素質というか、

必要最小限な生活はしていた。

ミニマリストという存在を知って

嬉しかったのだろう。


今も自分はミニマリストとして活動している。

憧れのミニマリストになれたのか?と問われると

なれた」と思う。

この一年ブログを書きながら

自分の身の周りの物の整理行動のシステム化

生活のリズムも整えた。

ハッキリと自分はミニマリストと言える。


ぼくのブログのタイトルには

なりそこない」という言葉が入ってある。

多少ブログのタイトルは変えたが、

「なりそこない」はそのまま。

今では胸を張ってミニマリストと言えるが、

どこか「ミニマリスト」という肩書に

嫌気を感じているところもある。

 

www.desupapa21.com

 


世間のミニマリストのブログやyoutubeを見ていると、

「ミニマリストって最高!」

「ミニマリスト大好き!」を言わんばかりに

「ミニマリスト」という肩書を楽しんでいる。

楽しんでいるのは別にいいのだが、

浮かれる事か?

と思う節が僕にはある。


僕は決して「根暗」な性格ではない。

「イエー!」とか「フー!!」とか

言えるタイプだが、

「ミニマリストイェー!」と言う感じにはなれない。

「イェー!」とか「フー!」とか

言えるが何にでも言えるわけでなく、

ミニマリストにそんな魅力を感じない。


この一年で僕はミニマリストとしての

仕上げを終えた感じがする。

ぼんやりとした「物を少なく生活する人」から

「ミニマリスト」となれた訳だ。

これがゴールではなく、スタートでもなく、

通過点なのだ。大したことじゃない。


ミニマリストはミニマリストの肩書を捨てても

必要最小限な生活ができる。

僕はこれにある時から気付き、

だったらミニマリストの肩書

捨てれるのではないか?と

思ってからミニマリストという言葉を

あまり使いたくないと思っていた。


ミニマリストという肩書を使いたくない訳だが、

ミニマリスト以外にピンとくる

言葉が見当たらないのだ。

世の中にミニマリストという言葉が広がり、

ミニマリストという言葉を

使わざる得ない状況にある。

ブログやyoutubeをやる以上

ミニマリストは外せない。


ミニマリストという肩書を捨てたいけど

捨てれないというジレンマの中

ここ何か月か過ごしてきた。

ネットでの活動をしなければ

簡単にミニマリストの肩書は捨てれるのだが、

ネットで何を言いたいのか

すぐわかってもらえるには

ミニマリストの肩書は必要になる

 

www.desupapa21.com

 


僕がなぜ、ネットで活躍するのかと言えば

暇つぶし」。

あとは自分がインプットした内容を

アウトプットしたいため。

そう考えるとミニマリストという肩書も

それほど使わなくていいのか?

僕がミニマリストの肩書を捨てると、

ネットでの影響がどれくらい出るのだろうか?


試してみるか。。。。

 

↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓


とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。