「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

ミニマリストなので、ミニマリストという肩書も捨てる事にしました。もうミニマリストと名乗りません。

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20191122172334p:plain

「僕、ミニマリストです!」って

名乗るのを辞めました

肩書というのでしょうか?

肩書きと言えば本来、

役職や地位、職業などを表す時に使う物。

よくよく考えたら僕の仕事はミニマリストではない。

地位もミニマリストじゃない。

だから要らないかなと思いました。

www.desupapa21.com

ミニマリストの肩書を捨てる事にした。

そういう事だ。

ミニマリストなら解ると思う。

なんか、要らないな」って

勢いで物を捨てた事ないだろうか?

あの感覚だ。

この肩書は一年後くらいに捨てようかな?と

思っていたものを今日捨てた。

そんな気分だったからだ。


肩書きというのは非常に便利だ。

肩書で割とどういう人か解る。

医者とか弁護士なら「おー」と思うだろうし

「ナンチャラプランナー」とかだと

「はぁ~」となる。

逆に教師や警察官が犯罪など犯せば

「〇〇なのに」とさらにワルのレッテルを

貼られてしまう。

肩書は使いようという事だ


僕にとってミニマリストの肩書が

ジャマ」になってきたのだ。

部屋にある必要ない物は処分するでしょ?

その感覚に近い。

肩書を手放す理由などは多々あるが、

直感的なのが強い。

生活がミニマルになって行き、

次は形にならない物を捨てて行こうという

感情なのかもしれない


ミニマリストの肩書を捨てたからと言って、

ミニマリストを辞めたわけじゃない

ベジタリアンは名乗らなくても菜食主義だ。

ただただ肩書きを捨てただけに過ぎない。

考え方や行動、

今後の活動もそれ程変わらない。

www.desupapa21.com

必要最小限に生活をする人たちの事を

ミニマリストという。

色んな物を

「コレ要らないアレ要らない」と手放すのに

肩書きを付ける。

この事に疑問を抱いてしまったのだ。

解ってもらえないかもしれないが、

布団を手放した人だっている。

肩書だって手放せる。


結局必要不必要は人それぞれという事なのだが、

捨てる事で爽快感を感じた人は多いはずだ。

肩書を捨てて爽快感を得る。

道理には反していないと思う。

反してても別にいいけど、

それほど大それた事はしていない。

僕は肩書きより卒業アルバムを捨てる方が

大それた事だと思う

www.desupapa21.com

ミニマリストの肩書を手放す理由の一つに

商標」の問題がある。

以前界隈で騒ぎになった「断捨離問題」。

この問題は難しく、

僕では一言で説明できないが

この言葉を使っていた人は

ドキっとした人が多いだろう。

そのあとに起きた「ミニマリスト商標問題」


「ミニマリスト」という言葉を誰かが

「商標登録してるんだぞ!」と振りかざせば

どうなるだろう?

断捨離の時と同じような事になるのだろうか?

商業目的で使ってなかった断捨離の言葉すら

使わなくなったのはなぜだろう?

使いたくなくなった」と思う人はいないだろうか?


ミニマリストの商標問題も今後どうなるか解らない。

誰かが商標登録してしまえば

どんな問題が起きるのか僕にもわからない。

僕のブログなんて微々たる収益だ。

だけどただ、なんかミニマリストという言葉に

ケチがついた」というのが本音。


色んな理由があり、

僕にはミニマリストという肩書が要らなくなった。

ただそれだけの話だ。

みんなも捨てようぜ!なんて思わないし、

これから名乗る人は

ミニマリストという存在を良い物にしてもらいたい。

今のミニマリストは

僕が思い描いていたミニマリストではない

というのも本音。

↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

 

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。