「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

ミニマルな生活を公表する事に得があるのだろうか?公表する意味があるのか?SNSを捨てた時点で本物になれる。

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20191215151811p:plain

自分がミニマルな生活

おくる人だという事を

公表するべきだろうか?

そもそもなぜ、

自分がそうだと公表しなければ

ならないのだろうか?

わざわざ、他人に

まずこういう事に悩んでいる時点で

無駄」を所持しているのだ。

たとえ同じ考えの持ち主であっても

公表する事に無駄が多い。 

www.desupapa21.com

 自分の生活スタイルを公表する事自体

無駄だと言ってしまえば、

もう話は終わってしまうので

もう少し言い方を変えてみる。

自分の生活がミニマルだと

公表してそれを公表された人は

どんな感情になるだろうか?

結婚するんです!

とかなら歓喜の気持ちになるが、

そうでないと微妙な気がする。


私、必要最小限な物で生活をするんです

聞いた相手は「あ、はぁ。。。」だ。

人の生活スタイルに興味がない。

むしろ「じゃ~○○は持ってないの?

なんて話になり、

いや、それは持ってます」って

なってしまうと

もう、そのやりとり自体が無駄である。

むしろ損である。


自分がミニマルな生活を

送っているという事を公表する理由はやはり

自己満足」でしかない。

空っぽになった部屋を誰かに見てもらいたい

だからSNSなどに空っぽの部屋を

「どうだ!」「一歩先行っただろ!」と

アップする。

そう思っているのは同じ考えの人だけだ。  

www.desupapa21.com

必要最小限主義者

そうじゃない人にとっては

少し理解し難い存在なのは、

当人たちはもうすでに

ヒシヒシと感じているだろう。

同じ思考の人たちであれば

共感し合えることもあるだろうが、

コレも実は所詮なぁなぁの付き合いと思う。


必要最小限な物で生活をする人たち

それぞれ持ち物が違う。

男性と女性でも持ち物は変わってくる。

男性にとってメイク道具は要らないし

女性にとって髭剃りは要らない

この時点で所持するものが

変わってきているのに、

必要最小限について

何を語り合うのだろうか? 

www.desupapa21.com

結局自分が選んだもので

生活をするわけだから、

自分の生活スタイルなんて

公表しない方がいいに決まっている。

公表には損しかない。

布団も捨てたんだ

卒業アルバム捨てたんだ」って人に

どう共感していいか

僕にすらわからない


結局

一歩先を行った生活をしてます

という事を言いたいがために

ミニマルを公表するのであろう。

確かに一歩先を行っているかもしれないが、

普通の人にとっては

明後日の方向へ一歩進んでいる

という事になると思う。


ミニマルな生活を公表するな!

とは言ってない。

実は公表しない方が快適で

無駄がない生活を送れるのではないだろうか?

という話。

SNSで自分の空っぽの部屋を公表して

ヤジを飛ばされる

そんな事は解っているだろう。

わざわざストレスを作る事が

無駄なのではないか?


ミニマルな生活を送るのが

少しブームになっている。

自分が「そうだ!」と公表したら

あ~今流行りのね~」と

流行りものに乗っかったのね!

と言う感じで取られる場合もある。

もうカッコいいとかそういう物ではない。

公表に損しかなくなりつつある。


これからミニマルな生活を

送ろうとしている人は、

自分の周りの人には公表しない方が

いいだろう。

少なからず敵を作ってしまう可能性がある。

墓場まで持って行けという訳でなく、

「実はそうなんだよね」と言うくらいの

スタンスの方が自分が過ごしたい生活が

過ごせるはずだ。

ず敵を作る事が無駄


家族にもミニマルを公表しないでいいだろう。

黙って自分の物だけ整理するなり

捨てるなりすればいい。

その方が確実に相手からの

文句」は減る。

肩書は人を差別する。

「○○だから」。

この一言に自分がストレスを

感じないのであればいいが、

ストレスを捨てる事、大事。


僕の考えだが、

真の必要最小限主義者は自分の事を

何者でもない

と思っているのではないかと思っている。

ただ単に「無駄な物所持しない人

ただそれだけ。

自慢する事もなく

公表する事もなく

当たり前の中にそれがある人が

この世にはきっと存在するはずだ

 ↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。