「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

定義のない肩書きに弱さを感じる。色んな肩書があるが、何をすればその肩書きを付けれるのかハッキリしてないと無駄なお飾りになる。

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20200108132346p:plain

物の数にはこだわらないという人達が、

いくつものを捨てたかと競い合う

このミニマルな業界

色んな主張の人たちが仲良しこよしで

オフ会などで交流を深める。

ミニマルな人たちのオフ会って

一体何を話ししているのだろうといつも思う。


ミニマルな人達は自分がルールなのだ。

だから他人にとやかく言われたくない

これは非常にわかる。

僕もそうだ。

でもだったらなぜ、

自分だけのルールを他人に

披露するのだろうか?

黙って自分の生活だけで

適応しておけば、まず敵は現れないのに 

 

 ミニマルな生活に反するものって

SNSなど情報公開するツールだと思う。

SNSでのツイートなんて無駄でしかない。

自己満足のつもりでのツイートも

結局たくさんの人が見ている。

自己満足ならノートなり他人に

見られない所に書いておけばいい。


そもそもミニマルな生活をする人たちの

肩書を、我も我もと名乗っているが、

何をもってその肩書きを

名乗っているのだろうか?

物の所持数が何個ならそうですよと

決まっている訳でもなく

決まってない事に対して

大きな顔をして叩かれる人も良く見かける。

本末転倒。


自分がルールなのだ。

世間のルールではない

SNSなどで自分のルールを公開して、

たまたま共感してくれる人がいた。

ただそれだけの事なのに

自分が中心と思っているから

世界が狭くなり、

よその世界の住人から批判を浴びる。

テリトリ―みたいなものが

どの業界にもあるんだよ。きっと


定義が無い肩書きに弱さを感じる

「僕は強い人だ!」という肩書の場合、

誰を倒した、何人倒したとか

そういうのが基準になる。

これが定義だ。

格闘技の世界などは

非常に肩書きに対しては

解りやすいのではないだろうか?


ミニマルの肩書、色々あるが、

どれもぼんやりとしている。

使っている本人も

よく解ってない人も多いのかもしれない。

だって定義がないから。

必要最小限な物で生活するといえど、

その必要最小限が人によってまちまちだ。 

www.desupapa21.com

 肩書きを名乗る事に問題はない。

肩書を名乗る事に何の制限もないので、

好きな肩書きを名乗る事が自由だと思うが、

ただただその肩書きだけで

話を鵜呑みにしてしまう人も

いるというのもこれまた事実。

肩書を持って情報を発信するというのは

かなりの荷が重い作業だ。


定義がない物に対して、

何を話すべきなのか?

情報発信者としては疑問に抱く所を

スルーして発信していいのだろうか?

ここが僕が最近自問自答しているところだ。

片付けの方法とかは発信しても

結局方法の一つであって、

ミニマルについての発信はボンヤリしすぎる。


ミニマルな生活に

偏った情報が流れるテレビなんていらない

いう人達が実はSNSなど

さらに偏った情報に踊らされている事もある。

情報に限らず、

試行すら偏ってしまった人は

自分が偏った思考だと気付かず、

一体どこへいくのだろう?と思う。 

www.desupapa21.com

 書きに興味を持ってはいけない

所詮肩書きであって、

それがステータスではない。

あと、どんな肩書きの人たちであっても、

パーフェクトヒューマンはいない

間違った事を言う人もいる。

常に疑いの目で

情報発信者を見なくてはいけない。

じゃないと自分が自分でなくなる。


情報の鵜吞みが一番まずい事なのだ。

とくにミニマルな生活についての情報を

漁っている人、

ミニマルな生活の情報には

オフィシャルがない

みんながみんな噂程度の情報しか

流してないと思っておいた方がいいだろう。

何度も言うが、まず、定義がないのだから。

 ↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

とりあえずここまで!

desupapa21youtuber.hatenablog.com



↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。