「なりそこない」がちょうどいい!

シンプルで効率の良い生活について書いてるブログ。

クローゼットの収納は我慢から始まる。寒さ対策グッズなどを活用して洋服を減らす方法。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

f:id:desupapa21:20200124164229p:plain

クローゼットや洋服ダンスの中が

パンパンになっている人。

入らないからとまた洋服を収納する物を

購入してしまう人。

洋服は常に着る物で、

物の様に比較的

なんでもいいという訳にはいかない。

手放して行くにも少し勇気と勢いが必要になる。


夏服なんてペラペラの生地だから

それほどかさばらないが、

冬服は結構かさばる。

旅行なんか行く時も

夏と冬じゃ全然かさばりが違う。

僕はこの冬、

服のかさばり問題をクリアしたので

その方法を書いて行こうと思う。


今年の冬は暖冬だったので、

比較的温かかった。

例年よりも薄着でもよかったわけだが、

冬って結局何着たって寒い

いや、私はたくさん着てるから

寒くないという人は

どれほどモコモコした服装で

出かけているのだろうか?

モコモコしてたらそれは温かい。 

www.desupapa21.com

モコモコした服でないと外に出れない人、

例えば外仕事の人なんかは

どうしても服のかさばりは出てくるだろう、

でも一つ二つ気を付ければ

服のかさばりは減って行く。

僕が最初に目を付けたのが下着だ。

下着をかさばらない生地に変えた。


ユニクロなどでも売っている

サラサラした薄地のインナーに全部変えた

僕は男性なので、

パンツとシャツを全部

そのインナーに変えたら

劇的に洋服収納しているところの

スペースが増えた

小さくたためるので

スペースが付くれられるのだろう。

靴下なんかも薄地でいいかもしれない。


そしてもう一つ、

所持するインナーの枚数

必要最小限に減らした。

枚数を決めるのは洗濯の回数が基準になる。

洗って乾くまでに着る物が

無くならないギリギリの枚数にした。

洋服は結構着ていない服ってある。

それを削る作業でまた

劇的にスペースは増える。


夏はいい。

夏は薄着なので

厚手のインナーやアウターを

気にしなくていいから。

でも冬は一気に服の存在感が大きくなる

今頃、部屋中

服であふれかえっているお家などいると思う。

でも基本は夏の行程と変わらない。

夏の服から薄手の物を重ね着ていくのだ。 

www.desupapa21.com

これまたユニクロに限らず、

今はヒートテック素材の

インナーも増えている。

防寒具合もかなり高い商品もある。

それらを着て、

薄手のインナーを着て、

薄手のアウターくらいにしておくと、

かなり服の圧迫感は減る


服の圧迫感は無くなるが、

やっぱり寒いだろう!という話になると思う。

確かに寒い。

寒いが、じゃ~あと何枚

どんなものを着て外へ行くつもりか?

という話になる。

モコモコ力士が歩いてるんじゃないか

みたいな服装で出かけたいのであれば、

それは仕方ないが、

出来るならスマートに冬を過ごしたい


結構何着たって寒い時は寒い。

どうせ寒いなら

薄着でいいんじゃないだろうか?

あとは寒さを防ぐツール。

手袋だったり、首元、頭を暖めるツールは

いくらでもある。

ツールは一つ二つあれば数が増える事は

あまりない

マスクなんかも結構温かい。 

www.desupapa21.com

寒さを我慢しろという訳じゃなく、

寒いのも少し妥協しないと

服は減らないという事だ。

たくさん着る人は着る人なりに、

着る物を変えると

絶対に服の圧迫感は減る

順番だと中に着ていく物、

下着から見直して行くと

パズルのようにうまくいくと思う。


服を減らそうと思ってない人にしたら

何言っているんだ?という話だが、

結局何に悩んでいるか?

服の多さに悩んでいる人結構いる。

悩んでいるけど、

実はそれほど難しくなく、

服は減らせる。

でも何年も何年も同じ事で悩んでいる。

それはなぜかと言うと実行していないからだ。


考えて実行して行けば劇的に服の枚数、

圧迫度は減って行く。

行動のパターンを変えてみたり

行く場所を統一してみたり

服は行動が多い人程増えていく。

引きこもりの人は服はそれほど要らない

極端な例だがそういう事なのだ。

 ↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。