「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

自由な時間が欲しい、支出を減らす。これを実現するために仕事を辞める?今の生活から逃げたいだけじゃないだろうか?

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20200213112207p:plain

自由に使えるお金と

自由に使える時間、

どちらが大切かという話をよく聞く。

自由なお金と時間があるのが

一番良いわけだが、

そんな環境にいる人が、

時間とお金どちらが大切?なんて

疑問にも何にも思わないはずだ。

どちらもない人がどちらが欲しいか考えるのだ


ミニマル界隈でよく見るのが

自由な時間を増やし、

収入を減らし、支出も減らす。

ハードワークしないで、時間を作り、

生活水準を少し落とす。

生活水準を落とすというと

また少し違うよという話にもなる。

無駄なお金を使わないような生活。

意味のある生活をするといった感じか。 

www.desupapa21.com

自由な時間を大事にする。

その自由な時間を何に使うか?

収入を減らしまで時間を作って

何をする?

果たして意味のある時間の使い方を

している人がどれくらいいるだろうか?

仕事を辞めて時間だけ増えて

意味のない生活をしてないだろうか?

ただ単に仕事を辞める事を正当化してないか?


仕事は大事だ。

仕事はいろんなものを生み出す。

収入はもちろん、社会を作り出し、

人間関係も作り上げる。

世の中の成功者たちは

人間関係を作り上げて成り上がった人多い。

これらが嫌で仕事を辞めたのは

結局今の職場で作り上げた物が

間違っていただけだと思う。 

www.desupapa21.com

自分のスキルみたいなものがあって

そのスキルはどこへ行っても

そのスキルの技量分の成果しか出ない。

どこで何やっても大体同じという事だ。

仕事よりも自由な時間が大事と思って

今仕事を辞めようと思っている人は

少し待った方がいい。

今の職場がから離れて、

仕事で今良い成果が出るだろか?


自由な時間が増えたからって

楽に生きれるわけじゃない。

結局人は生活をするためにお金が必要であり、

今までの仕事量と収入の価値が見合わないから

自由な時間を求める。

自由な時間が少なくても

自分が満足する収入をもらっていれば

それほど自分の生活に非を感じないはずだ

要は拘束時間と収入が見合わないだけなのだ


拘束時間と収入が見合わないから

今の仕事を辞めて自由な時間を手に入れる。

その代わり収入は減らして

支出を減らす。

自由な時間で何をするかは置いておいて、

ここまでは仕事を辞めたフリーターと

何ら変わらない。

支出を減らすといっているが、

支出を減らさずえないという言い方もあるわけだ。


仕事を辞めて自由な時間を手に入れた

カッコよく言えばこういう事だが、

大事なのはこのカッコよく言った後に

どのように行動するか?なのだ

独立して起業した。いいじゃないですか

何もしないでいるよりいいと思います。

やり始めはね?

何年かけて、自分が満足する成果が出るか?

その自分が満足した成果は世間的に見てどうか?


今の職場、環境から離れて

何かしら成功するのって

すごく難しい。

そんなことがそんじょそこらの人でできるなら

大体の人が成功している。

成功する人は大体何やっても成功するのだ。

街中歩いて、いったいどれだけの人が

成功者なのか?自分はその成功者に入っているのか?

そして成功者になろうとしているのか?あてはあるのか?


夢見がちで収入より自由な時間を手に入れる。

僕はこれは社会に負けたと思っている。

マネーの虎の感覚だ。

とんちんかんな事に資金は渡せない。

自分を磨き、スキルを磨き、成果を出す。

それをするにあたる自分の実績ってどうなのか?

実績は大事だ。なぜ今の環境にいるのか?

色んな事から逃げてきたから今の環境なのだ。

自由な時間が欲しいという理由でそちらに逃げてはいけない。


やろうと思えば今の職場でだってできる。

時間がないといいながら

寝る時間や誰かと遊ぶ時間、ゲームする時間

一分一秒無い生活をしているのか?

一日10分時間があれば

一か月で300分も時間が使える。

いくら時間が増えても

この300分より有意義な時間を過ごせなければ

仕事を辞める理由がない。 

www.desupapa21.com

自分が生活していくギリギリの収入で

残りは時間を作り何かをする。

それよりも

今の環境で+アルファ何かをする方が

時間も有意義に使えるし、収入も増えるかもしれない。

環境を変えれるのは簡単だが、

今の環境に戻るのは実は難しい。

今の環境にいるまでにどれだけの人に

世話になったかも考えなければならない。
↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。