「なりそこない」がちょうどいい!

シンプルで効率の良い生活について書いてるブログ。

衣替えの時期より少し早い今する事。フタ付きの収納ボックスは結局開けないと中身が見えない。開けないで中身を確認する方法。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

f:id:desupapa21:20200215125823p:plain

2020年は暖冬の影響もあるのか

早く春が来るような気配である。

毎度季節が変わるころに

僕は同じことを話ししているかもしれないが、

季節の変わり目を迎えるたびに

衣替えなどはうまくこなせてもいいはずなのに

なぜかうまくいかない。めんどくさい作業になる。

それはなぜなのか

来年の自分に引継ぎができてないからだ。 

www.desupapa21.com

去年の今頃、自分がどんな事を

考え、思っていたか覚えているだろうか?

去年の自分と来年の自分は

今年の自分からしたら

他人だと思っていいかもしれない。

来年の自分が上手く生活できるように

に今年の自分が引継ぎをしてあげる

これって自分に親切丁寧。

この心がけは必要なのかもしれない。


来年の自分は他人と同じだといったが、

結局自分は自分だ。

めんどくさく引継ぎをしたら

来年の自分は思うだろう

去年の自分はいい加減だな。

こんな引継ぎじゃわかるわけないだろう

来年の自分にそう思われないように

今年の自分、がんばろう。

丁寧にわかりやすく来年の自分に教えてあげよう


衣替えの話だったので、

今年何をメインに着て、

どの服に一回も袖を通してなかったか、

来年の自分に書いて残しておこう

あ!暖かくなってきたと

衣替えを始めてしまう

そのタイミングではリストアップの作業も

さらにめんどくさくなってしまう。

衣替えするちょっと前の時期にやらないと駄目だ。 

www.desupapa21.com

季節が変わる!と何も考えずに

衣替えをすれば

なぜこの服が来年から引き継がれたか

また最初から考え直さなければならない。

今年の考えなんて

忘れてるに決まってる。

例えばこの服は今年で終わりだけど

一応来年に置いておきます、

などでもいい。残すことは大事なのだ。


もう着なくなった服を捨てない理由は

何があるか解らないからだ。

一応取っておくのだ。

その服より気に入った服が

見つからないかもしれない。

服は捨ててから買うのではなく、

入れ替えがセーフティーだ。

凍えて生活するのは嫌だろう。

買ってから変える。それで充分。 

www.desupapa21.com

寒い時期に必要な物を買う場合は

いつ頃から服を探し始めるかも

来年の自分に伝えておいた方がいい

セールなどに敏感な人は

服を買うタイミングを見逃さないが、

普段服を買わないように

心掛けている人は

服に限らず、買い物のタイミングを

見逃すことがある。気づいたらシーズン変わってたとか


今年着た服をリストにする方法、

来年残す服、迷っている服、捨てる服。

これらに分けるのだ。

今シーズンのうちに捨てるのではなく、

今シーズンのうちに決めておくのだ。

捨てるかどうか決めるのは

来年の自分だ。

来年の自分が後悔しないように

今年の自分は助言するだけだ


あとなぜリストにするのか?

それは衣替えが終わった後だと

服のチェックがめんどくさいからだ。

また服が入った収納ボックスを

引っ張り出して、

チェックするのか?

この手間があるから、片付けなどが

めんどくさく感じるのだ。

楽するために苦労する。それをするのが今なのだ
↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

とりあえずここまで!

 

desupapa21youtuber.hatenablog.com


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。