「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

ノマドウォーカーに憧れを抱く風潮。コロナ感染拡大の今。カフェで仕事していた人たちは何処へ?

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20200226132317p:plain

僕はブログやツイッターなどで

今はやっているコロナウイルスに関して

色々持論を発信している。

あくまで持論なので、

そうだそうだ!と思われなくてもいいが、

そういわれてみればそうなのかな?

なんて思えば僕の思うつぼ。

疑問に思う事は大事だ。

疑問に思って各々が正解を出せば別に何でもいい。 

www.desupapa21.com

コロナ事態に関しては以前に

割と言いたい事を言ったので

今回は少しおいておいて、

コロナが感染している時期に

どういう人が感染しにくいか、

どんな生活をしている人が感染しやすいか?

それを色んな生活スタイルに合わせて

あーだこーだ話していこうと思う

生活スタイル自慢している人は今回のコロナの影響はどうだろう?


意識高い系か低い系か

そこは僕にはわからないが

ノマドを愛する人がいる。

ノマドとは何か?

ノマドウォーカーと言って

ネット環境が整った場所ならば

ノートパソコンやスマホを使い、

どこでも仕事をできる人たちの事を言うらしい。

今回の騒動でいうと、どこで仕事をするかが大事になる。 

www.desupapa21.com

喫茶店やカフェで林檎のマークがついたパソコンを

開いて仕事をする。

なんに仕事をしているかそれは人それぞれだが、

今回感染症が流行っている今。

喫茶店などに長時間いて仕事をすることは

果たしてどうなのだろうか?

僕は毎回思うが、コロナだけでなく、インフルなんかが

流行している時に人がいるところでわざわざ

仕事をする意味ってあるのだろうか?そう思う。


ノマドウォーカーをする意味あまり解らない。

どこでも仕事できるなら、

家で仕事すればいいんじゃないだろうか?

どこでも仕事できるからと

喫茶店やカフェで仕事をする意味がよくわからない。

気分?雰囲気?何?

仕事に集中していれば、

場所や雰囲気なんて関係ないと思う。

意識高い系ノマドみたいなイメージがあるがあまりそう思わない


特に今回このような感染症流行になれば

ノマドの人は職場が限られてしまう。

仕事している本人がなぜかわからないが

カフェで仕事をする。

その仕事場で選んだカフェで仕事ができない。

こまったこまった!となっているのか?

家でいいと思う。

コロナ感染に限らず、家で仕事をすれば

経費削減になる。経費削減は仕事をする上で大事な事。


通勤をするというのは非常にリスクが大きく、

負担が大きい事である。

通勤時間という24時間しかない大事な時間を

その通勤時間に使い、しかも今回のように

コロナ感染の可能性がある中でも

覚悟を決めて通勤しなければならない。

企業によってはテレワークなど、自宅で

仕事をできる人はそうしたほうが良いという方針もある。

今回に関して勝ち組は自宅で仕事ができる人ではないだろうか?


あまり勝ち組とかいう言葉を使いたくないが、

勝ち組とはいかなる危険も

回避できる人なのではないか?と思う。

当たり前に使っている物が使えなくなると

仕事にならない。

ありえないと思っていたが、今回の騒動では

色んな場面で仕事に支障が出てる人がいる。

逆に考えて、今この時期に

仕事に影響が出ない人の強みって何だろうか?


コロナ感染に伴い、仕事に影響が出ない職業。

飲食店などはどうだろう?

場所によっては大打撃を受けている場所もある。

販売業も同じかもしれない。

今じゃなくてもいつでもいいと

あと伸ばしにできる商売は

きっと打撃を受けるのだ・

そうなると

今じゃないと困る!という仕事に強みを感じる 

www.desupapa21.com

コロナだろうがミサイルだろうが

何が来ようが今じゃないと駄目なんだ!

って必要とされる仕事って何だろうか?

よく考えてみてほしい。

その職業は今回の件に限らず、

いつでも人に必要とされていて、

いつでも安定した仕事が入ってくる。

意識なんて高くなくていい。

いつでも必要とされる人はかなり強い。
↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

とりあえずここまで!

desupapa21youtuber.hatenablog.com


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。