「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

偉そうの人の心理なんて言われた方にしたらどうでもいい。親の立場、上司の立場で偉そうは有効なのか?

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20200228125030p:plain

偉そうに言うな、そう思うのは

言われた側である。

偉そうな事をいう人が

俺って偉そうな事言ってるな

なんて思っていない。

まず偉いと思っていたら

偉そうと思わないのだ。

だから自分で偉そうだなって思う人って

すごく少ないと思う。


僕は親の立場として

子供を叱ったり、言い聞かせたりする時があるが

自分では偉そうに言っていない。

上から余り話さないようにして

対等に分かり合えるといいなと

話しているつもりだが

対等に話そうと思っている親が

偉そうに見える時があるかもしれない

むしろ上からガン!といった方が子供っぽくていいかもしれない


偉そうかどうかは言われた側が

判断するのだ

言った方は自分が偉そうな事を

言っているかどうか、

気にしたほうが良いのだろうか?

僕は思うのだが、

偉そうだな!なんて思われたくない。

だって偉く見えてない上に身に合ってない事を

言っているわけだ。偉そうって悪口なんだ。


偉そうだねって言われるのは悪口

悪口言われないで生きていきたい。

だから僕は身の丈に合った事で

話を進めていこうと思う。

子供に何か教える時も

お父さんはできないんだけどさ

こうやらないとダメらしいんだよね

などだ。

説得力がない?それはそうだ。知らない事を話ししているから


説得力ってのは武器である。

相手に負けないように身に着ける力

何か言われても自分の理論説得力で

相手を封じ込める。

これは敵に使うものであって、

身内に使うものではない。

説得力ある話し方なんて

兵器だ。だからこじれて

誰かが嫌な思いをする。 

www.desupapa21.com

僕が子供に偉そうな事、説得力を

武器に接しない理由は

自分がそれほどできた人間ではないからだ

大人だってそうだと思うが

出来もしないやつに言われたくない。

そうでしょ?

子供だってそういうの解る時がある。

親がハッタリでできもしない事をできるように言って

バレたら、こういう所で親の威厳がなくなるのだ

www.desupapa21.com

出来ないものは出来ないという

潔さも子供に見せていいんじゃないかと

僕は思う。

子供は何年もすれば親を追い越していく。

身長はもちろん、走るのが早くなったり

計算だって早くなる。字もうまくなり。

自分よりランクの高い大学へ行くことでもなれば

偉そうにしていた親を越えたと

子供が偉そうにしてくるかもしれない。


偉そうでぶつかれば

偉そうで返ってくるは

親子だけではなく、むしろ他人との方が

多いかもしれない。

偉そうに言ってた相手に返される

偉そうな事はとてつもなく偉そうだ。

最初から出来ないものは出来ないと

負けを認めれば

それ以上偉そうな攻撃は受けないのだ

www.desupapa21.com

子供にできない事はできないという。

そこで自分ができない事を確認して

出来るようになるというのも

子供と成長できるいいきっかけにもなる。

子供にリフティングを教えていて

父親は3回しかできなければ

10回できるように練習して

競い合えばそれはすごく

良い教育というのではないだろうか?


親子での偉そうなやり取りみたいな

事を多く話したが、

教育者ってのは

偉そうにいうより

少し表現を自分のランクより

落とせば教えを素直に受け入れる場合がある。

ランクを下げるのが嫌だって?

それはランクにこだわってる自分がいるから。

自分のランクが高ければ別に下げる事くらいなんともない。
↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

とりあえずここまで!

desupapa21youtuber.hatenablog.com


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。