「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

人生はゲームとマザーテレサやルパンも似たような事を言っている。大きい小さい色々ゲームと思ってみよう。

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20200304124223p:plain

人がやる事すべて

文字にできるの。

すべて。

作る。捨てる。食べる。もらう。あげる。

移動する。飛ぶ。投げる。走る。褒める。

もっとある。

これらは行えばやったことになる。

やれば終わり、次の事へ移行する。

これの繰り返しが生活という事なのだ


どんな行動にも名前があり、

その名前の付いたことをすれば

それをしたことになる。

僕が良くリストアップすると

何をしないとダメなのか?

何をすれば次の工程へ移行できるのか?

それが明確にできる。

明確にした事をこなしていく。

ただそれだけの事。何も悩む事は無い。


リストアップした事を

上から順番にこなしていくのだ。

何のストレスもない。

少し嫌な事は先にするか後にするか

それはその人の性格による。

順番にこなしていくのだ。

次に大事なのは

こなしていくことを

楽しむという事。


楽しんでリストアップした項目を

消していく。

消化していく。

作業した項目が消えていく楽しみ。

これを感じた時点で

仕事はゲームになるのだ。

こなした作業に横線を引き

やりましたという印をつける

これってゲームでよくみないか?クエストクリアみたいな。 

www.desupapa21.com

一日の作業は

クエストの集まりなのだ。

そのクエストには報酬がある。

掃除をすれば部屋がきれいになる。

食事を作れば食べた相手が喜ぶ。

報酬のためのクエストと思えば

作業も少し楽しくなる。

めちゃめちゃ楽しくなるとは言えない。

少し、楽しくなる。それだけで十分じゃないだろうか?


なんでもゲームと思えばいいのだ。

嫌な作業だってあるが

それをこなした後の喜びを

大体の大人は知っている。

辛い事を乗り越えた後の安堵感

達成感、それを味わうために

挑むのだ。

嫌な事はボス戦と思えばいい。

ボスに備えてレベルを上げるのだ 

www.desupapa21.com

ゲームをしてない人でも

これくらいの話は分かると思う。

ゲームをする理由は人それぞれで

中には「こなす」事を楽しむ人がいる。

ただただ敵を倒してレベルを上げる。

これにゲームの魅力を感じる人もいる。

ナンプレとか、あれやったって

何の得もない。ただ暇つぶしだが

やれば止まらず楽しむ人だっている。


楽しむという事が大事なのだ。

ゲームに例える話をしたが、

ほかに例えるものがあればそれでいい。

僕はゲームが好きなのでゲームと例えた

ゲーム好きな人が

人生をゲームと思えれば

寝る前楽しくないだろうか?

明日はあの嫌な作業(ボス)を

クリアしてやろう!と


こなした作業を

無かったことにしない。

項目に横線を引き、

自分がこなした実績として残しておく

これは実はやった方が良い。

作業日誌という感じかもしれないが

作業日誌を読み返すのって

意外と楽しい。

自分の生きた証といえば大げさかもしれないが。


せっかく生きて生活をしているのだ

何かに残さないのはもったいない。

ゲームだ

ゲームの成績だ

今どきのゲームは倒した敵すら

カウントしてくれて、

それ見るを楽しむのも

またゲームの楽しみ。

ゲームの進化で人生の楽しみ方も変わってきているのだ
↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

とりあえずここまで!

desupapa21youtuber.hatenablog.com


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。