「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

ミニマリストが嫌われる理由は本来のミニマル生活水準より下回ろうとした人達が出てきたから。やりすぎた人のせいだ。

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20200305100930p:plain

僕も一応ミニマリスト

一応と言っているが

そんじょそこらのミニマリストより

ミニマリストやっていると思うという

訳の分からない自信があるが

この人の何がミニマリストなんだろう?と

思う事が多々あり、

逆にそういう人が自分の事を

どこがミニマリストなんだ?と思う所もあるかもしれない 

www.desupapa21.com

ミニマリストにだって色々ある。

だって人間だもの。と

逃げのような答えをする人も多い。

「ミニマリストだけどこんなもの持っている」

このフレーズの意味が僕にはわからない。

どうせそういう人が他の人の家に行って

あ~これはいらないですね~とか

自分の事情を人に押し付けては

もうなんだかミニマリストの質を疑う。


ミニマリストの定義はさておき、

ミニマリストなんて簡単になれる。

物少なく生きていけばいいのだ。

僕もミニマリストとしての情報を

発信しているが

実はそれほど大した事を

発信していない

減らせ減らせとしか

言う事がないのだ 

www.desupapa21.com

自分にも当てはまるかもしれないが、

ミニマリストって同じような事ばかり

言ってると感じないだろうか?

そして大したこと言ってないなと

思う時もないだろうか?

そうなのだ。

ミニマリストって成り上がっていくものでなく、

成り下がっていくものなので

資金面などでも誰でもなれるものなのだ。


成り下がっていくとなると

生活水準が低いんじゃないかとか

貧乏なんじゃないかと

思われないために

良い物を持ったり

生活に必要ない物を持って

ミニマリストだけどこんなもの持っていると

貧乏じゃない、楽しい生活を送っている

アピールをしなければならないのだ


見栄を捨てるというミニマリスト。

でも見栄は物より簡単に捨てる事が出来ない。

目に見えないものを捨てるのは難しいのだ。

だからミニマリストは今度は

目に見えない物をどうやって捨てるか?

それについて情報を発信する。

ここがまたポイントであり、

思考を整理する人もいれば

少しスピリチュアルに走る人がいる。


何より。当たり前の事を言うのが

ミニマリストなのではないだろうか?

生きていく上で必要な物を

基準に考えてみよう

その基準より高い位置で生活をしていると

物が増えていく。

だから一度基準に戻そうよ。

生活に必要というラインで

生活していこう!というのがミニマリストじゃないのか? 

www.desupapa21.com

生きていく上で必要な生活するライン。

そのラインをさらに下回る事を

楽しんでいるミニマリストもいる。

楽しんでいるのであればいいが。

それを押し付けるような情報発信をする人もいる。

この極端なミニマリストが

ミニマリストのメインイメージになっている事が多い。

ミニマリストになりたい人がいても

「ミニマリスト=布団持ってない」なんて思われたくない


大した事言ってない、大した事しない。

だから簡単に誰でもミニマリストになれるのだ

そこがミニマリストの良いところ。

誰でも簡単になれる。

そして誰でもミニマリストとして

情報発信ができる。

娯楽としてミニマルな生活をする

それでもいいと思う。

それで生活が快適になるのであれば


布団を捨てるミニマリストにならなくていい。

ハードルを上げる必要はない。

偉そうにしているミニマリストであっても

余計な物は持っている。

ミニマリストにすごい人なんていない。

そもそもミニマリストなんて

存在しているようでしていないもの。

要するに自分の生活が

豊かで快適になればなんだっていいのだ。
↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

とりあえずここまで!

desupapa21youtuber.hatenablog.com


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。