「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

自己採点はやり方次第で自分を鼓舞できる。Twitterのいいねを信じないで、自分で自分に点けた点数を信じよう。

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20200306101158p:plain

僕は一人で仕事をしているために

上司などから褒めてもらう事がない。

なんだか子供みたいな事を言っているが、

いいね!ダメだよ!という事を

言ってもらえないのだ。

実績としては売上などで出るが

自分の仕事の結果が実績でしか

出ないのだ。

だからやってる仕事が正しいのかどうか悩む時がある


仕事だけではないが、

自分のした事評価してほしい時がある。

カラオケを歌って誰も評価してくれない。

上手いも下手も言ってくれない。

上手いと言われても信用できないから

カラオケには採点機能がついている。

みんなちゃんとした評価を

誰かにしてもらいたいのだ。

でも事実何でもかんでも正直に評価をしてくれる人はいない


誰も自分のした事に評価してくれない

だったら自分で自分を評価するしかない。

自分がした事に採点する。

今の行動50点!

昨日の評価は80点!

甘くつけるのか、厳しくつけるのか?

それは個人で決めて

自分の行動に点数をつける。

これはなかなか意識高い系な事を言ってるかもしれない


行動を起こす前なんて

誰でも大きい事が言えるし思える

あんなことやってやろう!と

言っただけでは0点だ。

言って行動してから採点は始まる。

自分が何点か

決めてほしくないだろうか?

このような話をして

行動しない人が向上心のない人なのか? 

www.desupapa21.com

点数なんてつけないでも

自分の行動には自信がある

そういう人にとっては

自分で自分に採点をするという話は

全く無用の話かもしれない。

いつも100点の行動しかしない。

そういう人も世の中に入るだろう。

でもそういう人ばかりではない。

結果、評価を求めている人はたくさんいる。


SNSのフォロワーやいいね。

これらはまさに評価の数値だ。

これらが多く押されれば

人は喜びを感じる

評価なのだ。

これが評価なのだ。

たくさんの人に見てもらって

たくさんの人に共感、評価してもらいたい。

だから人はSNSを利用する


料理ができたからSNSにアップする

それで沢山の人がいいね!を押す。

押してもらえればいいが、

押してもらえない時だって

あると思う。

自分が思った以下の評価に

がっかりすることがある。

そこでまたやってやろう!と思える人は

意外と少ないんじゃないだろうか? 

www.desupapa21.com

自分が思った評価より

世間の評価が低いと

世間と自分の価値観が違うのだと

SNSなどから去る人多い。

ひょっとしたらそうなのかもしれない

価値観が違うのかもしれない。

だったら自分の価値がわかる

自分が自分を評価してあげれば

良いだけじゃないんだろうか?


自分を自分で評価するという事は

決して悪いわけではない。

よく聞くと思う。自分に勝つと。

自分で自分を採点するという事は

他人に採点してもらうより

身になる事があると思う。

そして結構難しい事だと思う。

でも採点、点数をつける事であれば

それほど難しくないと思う。


せっかく自分がした事に対して

なにも評価がないのはもったいない。

行動一つ一つに採点をつけていけば

嫌な事もこなしていけるかもしれない。

通勤に対して点数をつけてもいいかもしれない。

今日はかわいい子と3人とすれ違えれた。

そんなことに対して採点してもいいと思う

何に対しても楽しく向上できる方法を編み出す方が

生きていく事が楽しくなるのだ。
↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

とりあえずここまで!

 

desupapa21youtuber.hatenablog.com


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。