「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

物を捨てなくても必要最小限の生活はできる。捨てる先の未来より、捨てない先の未来の方が豊かになる。

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20200315172236p:plain

何で要らないもの捨てないとダメなんだ?

それはね

要らないものだからなのですよ。

だったら部屋にあるものすべて

要るものにすればいい。

そしたらすべて捨てる必要がない。

捨てるという事は決して良い事ではなく、

最終手段なのだ。

捨てるという最終手段のところまで来ているのか?


物を捨てる事を進める人結構多い。

ミニマルを唱える人はなおさら多い。

捨てる事は悪い事ではないが、

捨てる事を真っ先に考えると

目的を見失う。

なぜ、快適な生活を送りたいのか?

なせ、豊かな生活を送りたいのか?

それに捨てる事はどれくらい重要なのか?

本当に捨てていっていい物なのだろうか?


まず、部屋に捨てる物がいっぱいある状態

この状態までしてしまった自分の

考えを改めなければ

いくら捨てても意味がないし、

捨ててゴールではなく、それは

応急処置だ。

応急処置が悪いとも言えないが、

どうせなら完全治癒したいものだ。

完全治癒とは物が増えない生活の事だと思う。


物が増えない生活を過ごせるようにならないと

いくら物を捨ててもまた物でいっぱいになる。

だから物を捨てる前に

なぜ部屋が物でいっぱいなのか

見直すことが必要だ。

なんで買ったんだろう?

なんでもらったんだろう?

なんで捨てないんだろう?

それらを解決できるかどうかがカギだ 

www.desupapa21.com

なんで買ったのかもう一度再確認する。

確認したら実は捨てないでよかったものだった

そういう物の再確認みたいなことも

大事だ。

忘れてはいけない。

捨てる事はもったいない事なのだ。

要らないものを捨てる事を正当化するのではなく、

要らないものを所持してしまった自分を

まず責めなければならない。


要らないものに囲まれたことが

重罪のように言ったが、

重罪なのではないだろうか?

少なからず、これから物を少なく

快適に暮らす未来の自分に

重くのしかかる重荷を背負わせたわけだ

過去の自分の罪は今の自分が償って

未来の自分につなげる。

ミニマルの生活ってそういう事じゃないだろうか? 

www.desupapa21.com

捨ててスッキリです!見てみて!

とSNSなどにあげてゴールではないのだ。

お勤めご苦労様でした。

二度と物が多い部屋にしません。

心入れ替えます。

これくらいの気持ちでもいいんじゃないだろうか?

スッキリした部屋になるために

いくら費やして、いくら物を粗末にしたか。

おばあちゃんみたいな事を言うが、物は大事にしないと。


罪を償え見たいなことを散々言ってきたが、

どうやって物を捨てずに物を見つめなおすか?

僕なりの方法だが、

家にあるものすべて把握できれば

それでいいんじゃないだろうか?

家に何があるか解らない、

それが一番問題なのだと思う。

何かわからないものが

必要なわけがない


捨てる必要なんてないのだ。

家にあるもの全部に意味を持たせて

全部必要な物にする

マキシマリストなどという人は

そういう事なんじゃないだろうか?

物がたくさんあっても

無駄な物が一つもないという事は

すべて必要だという事。

そういう解決方法もありだと思う。
↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

とりあえずここまで!

desupapa21youtuber.hatenablog.com


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。