「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

危機的状況にストレス、ダメージ少なく生活する方法はミニマル生活にあった。

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20200404112426p:plain



2020年の騒動の中

記事を書いている。

不要不急の外出を控えるように

要請が出る。

でもその要請を気にしないで

外出をする人もいる。

外出に魅力があるから

家におとなしくしてないで

外に出るのだろう。 

www.desupapa21.com

僕の場合、外にあまり魅力がない。

買い物などはするが、

本当に必要以上の買い物はしない。

ウインドショッピングなども

あまりしないのだ。

欲しい物はリストアップして

それらの買い物をいかに

効率よく短時間で

行えるか、それが僕の生活スタイルなのだ。


効率、無駄を省くという事を

考えて行動しているので

このような行動になる。

なので「街」というものに

あまり魅力を感じないのだ。

街で遊ぶ事が

実はミニマルじゃないという事。

僕はミニマルな生活を送っていたので

今回の外出自粛についてあまりダメージはない。


外出自粛が出る前に

外出そもそもしてなかったのだ。

東日本大震災の時から

電力が足りなくなり、計画停電や

電気をあまり使わないように節電を

心掛ける事になった

結局それまで看板キラキラさせてたけど

それもそれを機にそれほどすることもなくなった。

今となっては節電も生活の一部になった人も多いはず


そもそも多かったのだ。

物ではなく、行動や、欲や、考えが。

今回の騒動のように

これらの事を制御されたときに

人はストレスを感じ、ダメージを受ける。

家で仕事できる人は最初からリモートワークで

物が無くなる事により、仕事がはかどらない人もいれば

何もない状態からお金を作り上げる人がいる。

落語家なんてそうだ。しゃべればお金になる。


災害といえば、地震や台風が

ここ近年での危機的状況だった。

まさかこんな事が起きるとはおもわなかった。

誰しも思わなかった。

でも生産や流通は止まる事もある。

ネットが使える事が当たり前の現在、

ネットで仕事をしている人もいるだろうが、

これも危ないのだ。

ネットが当たり前にあると思うのも危ない。 

www.desupapa21.com

ミニマルな思考とミニマルなお金の稼ぎ方。

これらができる人が

本当の底力がある人なのだと思う。

極端な話、サバイバーが今の状況で

生活に困るか?といえば

物が当たり前にある生活をしている人と比べると

何の不自由もなく生活ができる。

ミニマルな生活を送っている人は

ある程度の状況が起きても、ダメージが少ないのだ。


街に魅力を感じるから

街に依存して、

街へ街へと行きたくなる。

こんなご時世にも行きたくなる。

抑えられない欲というのは

どんな余計な物よりも存在感があり、

思考、行動が偏ってしまうのだ。

街だけではない、人と会う事、お酒を飲みに行く事

ジムに行く事、欲が感染を助けているのか?


ミニマル生活をするにあたって物の判別方法の一つを紹介


物を減らすことだけがミニマル生活ではない、

行動、考え、欲、それらを減らす事が

物を減らす事よりも大事なのだ。

東日本大震災を機に色々学んだ事もある。

今回の騒動でも悲観にならず

騒動の終わりを見据えてどういう生き方をするか

考えるいい機会だと思う。

誰も助けてくれない。

自分を強く磨き上げるのがミニマル生活の末なのだ。
↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

とりあえずここまで!

desupapa21youtuber.hatenablog.com


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。