「なりそこない」がちょうどいい!

私、デスパパがシンプル、子育て、ダイエット、節約について書いてるブログ。

これから何かを始めて収益を得ようとする人は、〇〇な情報を仕入れるべき。ターゲットはいったいどの年代にするか?

スポンサーリンク

f:id:desupapa21:20200409150937p:plain

若者が減ってきている。

高齢化社会とは高齢者が多いのか?

それとも若者が少ないのか?

たまごが先かにわとりが先か?

それは少子化問題という事で

その関連のブログを読んでもらえばいいが、

これから先若者は少なくなる

若者向けの商売より高齢者向けの商売が

これからは儲かるのではないだろうか?


町中に人がいる。

若者と高齢者。

どちらが街にお金を落とすか?

間違いなく高齢者だ。

若者は財布に少ないお金を入れて

格安のファストフードやコーヒーショップ。

格安で遊べるアミューズメント店で

時間をつぶす。人が溢れているが

もうからないのが若者相手の商売だ


もし何かこれから

商売を始めようとするのであれば

絶対に高齢者向けの方が良いはず。

だって若者はこれからさらに減っていくからだ。

だが、商売を始める人はみんながみんな

高齢者向けの商売をするわけではない。

なぜ若者向けの商売を

始めようと思うのか?

そこに長い目でみた勝ちがあるのか?


若い人が聞く音楽。

一時の流行りものが多い。

そして今はさらに数が多い。

どこから出てきたか解らない音楽が多く、

話題になっていると宣伝されても

どこで話題になっているか解らない。

これは僕はそろそろ若者ではなくなってきているからか

若者でもほんのひとカテゴリー内で

流行っているけど騒ぎ具合がちがうからか? 

www.desupapa21.com

大阪の阪神ファン。

大阪の人みんなが阪神ファンだという

イメージが強いが

ちゃんと巨人ファンもいる。

ひょっとしたら巨人ファンの方が多いかもしれない。

なぜ大阪の人が阪神ファンというイメージが付くか

それは阪神ファンの勢い、パワーが強いからだ。

それらの人が阪神ファンを主張すれば

とんでもない発信力となる


商売というのは細長く地道にやっていく物

一発大ヒットは結局そこまでで

そのあと結局また仕事を探さないといけない。

街を見ておもわないだろうか?

すました顔で服屋の店員している人が

何歳まですました顔で店員してるのか?

30代40代の美容師さん素敵だけど

50代60代の美容師さん見かけない。

どこで仕事をしているのだろうか?


若者は華やかな商売が好きだ。

企業をするのも華やかに宣伝したり

華やかなイベントを行ったりする。

そういう企業を立ち起こした人と

3年ぶりに合うと

もうその仕事は辞めて違う仕事をしている。

そういうお金の稼ぎ方をしているのかもしれないが、

悪い言い方をするとコロコロと仕事を変える人となる。

古い考えだが娘が連れてきた彼氏がそうだとどう思うか?

www.desupapa21.com

僕は若いと言えば若いし

若くないと言えば若くない。

まだまだ若者のやっていることを

理解したい年だが、

じつは僕より年上の人でも

このような仕事の仕方をしている人もいる

こう思うと、もう若者高齢者どうのこうのではなく、

時代がそういう時代もOKにしているとなる。

つまり何が正しいか正しくないか解らない時代となる


これから起業を考える人、

起業まではいかなくても

ブログやYouTubeをやろうと考えている人は

どの考えなのだろうか?

例えばYouTube界も短期間で

状況が変わってきている。

テレビで活躍している人が

YouTubeを始めたりしている。

今までのYouTuberがテレビタレントに勝てるのだろうか?


企画を考える場合、

YouTubeの歴史より

テレビの歴史の方が長い。

そして何より世間はテレビ慣れしている。

若者でもまだテレビ寄りで育った人が多い。

そして2020年の騒動だ。

テレビに出れないタレントたちが

YouTubeへ流れてくるだろう。

夢がYouTuberという話もすこしかわってくる。


僕もYouTubeは見るが、

芸能人が始めたチャンネルをみて

そのあとにyoutuberなる人達の動画を見る。

かなり順番があとになるわけだ。

そうなると、芸能人よりも魅力ある動画を

作らないと駄目だ。

そんなことがどれだけの人にできるのだろう?

僕も動画を上げているがとてもじゃないが

視聴回数を稼げるとは思っていない。


商売は先を見て始めないと

勝ちにはなれない

逆にいえば先さえ読めれば、

勝てるといってもいいかもしれない。

情報も新しい物ばかり仕入れるのではなく、

古い情報も仕入れるべきだ。

古い情報には実績がある。

新着ニュースばかりみないで

過去の記事を見直す事は実は今の時代大事かも


思い出の品を捨てるのちょっと待った!先に捨てる物があるだろう!


↓↓↓ご感想はコチラから↓↓↓

とりあえずここまで!

 

desupapa21youtuber.hatenablog.com


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。