ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

人付き合いのコツは敵を作らない。グループLINEで敵を作らない人の真似をする。

スポンサーリンク

人付き合いがうまい人なんているのでしょうか?

上手くいっている人はたまたまなんじゃないでしょうか?

たまたま周りの環境に敵対する人がいないだけで、

敵対する人がいたら、人付き合いがうまくいかなくなる。

そうなると、人付き合いがうまい人とはどういう人なのか?

それはきっと敵を作らない人付き合いができる人。

まわりにそういう人いませんか?

すごく輪に入っている感じではないけど、敵はいない。

すごく仲のいい人がいる感じじゃないけど、敵はいない。

そういう人が実は「人付き合いがうまい人」になるのではないでしょうか?


今回のテーマは

 

人付き合いのうまい人を真似る。

 

人付き合いのうまい人、今回は「敵を作らない人」

そういう人たちの真似をしてみよう。

今の時代、LINEなどでグループで会話する時代

時たまいませんか?

「なんか空気読めてないな~」

「なんか場違いな事言ってるな~」

など

こういう人は敵を作るのです。

逆に

「当たり障りない返事だな~」

「無駄な事言わないな~」

こういう人は敵を作りにくいです。

そんな感じしませんか?

そういう人に特に敵対心を持つことはないと思います。

「イイ事言おう!」なんて思って発言する人ほど

「あのひと、何言ってるんだろう?」なんて思う事がある。

本当にイイ事言うのは難しいことです。

あなたはそこまでイイ事を言える人ですか?

そうであれば、問題ないと思います。


人付き合いは人数ではありません。

親密度です。

たくさんの人と親密度を上げる必要はないのです。

当たり障りない、付き合いをしていけばいいのです。

その中で、あなたと気が合う人が出てくるかもしれません。

だから当たり障りない会話を繰り返していけば

長期に渡り、あの人は敵になるのか、味方になるのか

ゆっくり判断していけばいいのです。


慌ててはいけません。

 


とりあえずここまで!


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。