ミニマリストの「なりそこないがちょうどいい!」

整理することで解決することがあるかも?「なりそこない」くらいが丁度いい!

洗脳の専門家でも洗脳される。情報は信じ切ってはいけない。

スポンサーリンク

いい事悪い事は自分で判断するものだと思います。

人に「これいいよ!」なんて言われて鵜呑みにして

それを試してみてたら全然よくなくて、

「これいいよ!」って言ってくれた人の事を悪く思う。

悪く思うのは個人の勝手だからイイのかもしれないが、

鵜呑みにしてはダメだ。

噛み砕かないとダメだと思う。

という事で


今回のテーマ

 

インプットの方法。

 

小説は文字ばかりだ。

文章を見て風景や人物を想像して

頭の中でビジョンを作っていく。

田中さんと言う人物が登場して

道を歩いている。

人を歩く姿を想像すると思う。

犬が歩いている姿を想像をしないし、

「田中」と言うの文字に手足が生えて

歩いている姿を思い浮かべないと思う。


この段階で人はインプットしたものを噛み砕いて

想像の中でアウトプットしているのだ。


ネットなどで色々な情報を見る。

僕みたいにブログでいろんな情報を挙げている人もいるし

企業がお得な情報、便利な情報を挙げている。


それらは本当に、お得なのか?便利なのか?


まず疑いから入るべきだと思う。

最近の人はネットからの情報を瞬時に自分の情報として

処理してしまいがちだと思う。

完全に否定したほうがいいとは言わない。

「この人の言っている事は一理ある。」

これくらいの感じでインプットしたほうがいい。

一理ある。じゃ~他にはどんな事があるか?

この一理を基にこんな方法もあるのではないか?

この思考が大事だと思う。

そうじゃないと、知らない間に


洗脳されているかもしれませんよ?


以前テレビで言ってた。

「洗脳の専門家でも洗脳されてしまうことがある」

洗脳の勉強をして専門家となった人でも、

洗脳されるというのだ。

こんなことが本当ならば、普通の人なんて

簡単に洗脳されてしまうであろう。


鵜呑みにしてはいけない。

疑いの目で見てもいいくらいだ。

僕も色んな事を書いている。

おかげさまでたくさんの人に読んでもらっている。

でも、先ほど言った様に全部を鵜呑みにしてはいけない。

色んなアイデアを出す時もある。

それらも否定的に見てもらった方がいい。

寧ろ僕が言ったアイデアの真逆の方がいいじゃない!

なんて思ってくれた方がいいかもしれない。

僕のブログは「一理」である

そして僕以外の情報発信者の案も「一理」なのだと思う。


そうやって一つの情報からたくさんの選択肢を増やすことが


大事だと思う。

 

とりあえずここまで!

 


↓↓今日もクリックありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

共感していただければ、下記にある

ブックマーク、Facebook、twitterによる

シェアよろしくお願いします。